粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)

アクセスカウンタ

zoom RSS In the war the poor die. 金持ちが始める。(4)

<<   作成日時 : 2017/05/09 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あっちこっちで大統領選挙でありまして、目まぐるしく国家の指導者が代わるのでありますが、近ごろは印象に残らないまま交替していたりします。もちろん何事かをやらかして悪評が立つと、その方が目立ちまして記憶に残るのでありますが、そうではないと忘れちゃったりします。オバマ大統領は就任した時は話題でしたが、果たして記憶に残る大統領だったのかどうか。ニュースで毎日いろいろな国のトップの名前を聞かされますが、そのうち印象に残るものが案外画像少ないような気がいたします。アメリカがトランプで、ロシアがプーチンで、中国が習、そこまではいいとして、フィリピン、タイ、インド、中近東の国々となるとだんだんぼやけまして、ヨーロッパもドイツのメルケルは何となく分かりますけれども、その後が不安であります。

サツキが咲き始めました。

ツツジの方はあらかた散りまして、今盛んなのはニオイシュロランでありますけれども、家の近くまで帰って来て、何だかすごく濃厚な香水のにおいがすると思ったら、我が家のニオイシュロランであります。幹がこん棒のようなものでありまして、南半球のニュージーランド辺りの植物らしいのであります。実は幹の真中が洞になっておりまして、動物でも住み着くかと思っているんですが、どうもそういう気配はないのであります。直径が30p近い太さで、ネットで調べてもそこまで太いという話はないのであります。植えた時を知らないので、どんな状態で庭に植えたのか分からないのでありますが、今や巨大化しまして、ちょっとふさわしくない感じであります。その傍らで、今年もサルスベリが若葉をちょっとずつ芽吹かせておりますが、冬の間はまったくの枯れ木状態だったわけでありまして、出足の遅い植物ということなのでしょう。

   毎年同じようなことを書いていますが、それでいいのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
In the war the poor die. 金持ちが始める。(4) 粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる