粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)

アクセスカウンタ

zoom RSS In the war the poor die. 金持ちが始める。(7)

<<   作成日時 : 2017/05/12 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の12月8日にオオキバナカタバミが開花した事を、ブログの記事で確認いたしましたが、本日でオオキバナカタバミとさようならをいたしました。放置すればもう少し咲くでしょうけれども、もはや枯れ枯れですから、見栄えがしないので一応お開きといたしました。そうすると12月は24日、1月は31日、2月は28日、3月は31日、4月は30日、そして5月は12日ですから、合計の開花日数は、なんと156日となるわけであります。ほぼ5カ月に渡る咲きっぷりでありまして、一年の3分の1を越えまして、半分に迫ろうかという状況なのであります。面白いのは、このオオキバナカタバミのそばには画像サルスベリの樹があるんですが、その開花時期とまったく被らないという点であります。一年の半分近くをオオキバナカタバミが彩り、そして残りの時期をサルスベリが補いまして、めでたいのであります。

最後の雄姿、オオキバナカタバミ。

枯れるのが目立ちますと、オオキバナカタバミを束にして始末するんですが、翌年もどさっと芽を出しまして、しっかり茂りますので、地下茎がしっかり発達しているようであります。この植物によってムラサキシジミという蝶が育まれるはずなんですが、今年はまったく目立ちません。蝶々が全体に見当たらなくなっております。野鳥もこの冬はまったく目立ちませんでしたので、周辺の環境変化によって野生の動物の生態が変化した可能性もあります。しばらく烏がうるさかったのに、最近は見かけなくなったので、よそに移動していったのかもしれないのであります。自然も刻々と変化しまして、出入りがあることでしょう。この冬は植物の狂い咲きが少なく、見ていて面白くはなかったのであります。今年は、例年通りドクダミが茂りまして、もはや抜くような努力を放棄しました。

  アカバナユウゲショウが咲き誇っております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
In the war the poor die. 金持ちが始める。(7) 粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる