粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)

アクセスカウンタ

zoom RSS In the war the poor die. 金持ちが始める。

<<   作成日時 : 2017/05/06 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦争が起こるぞとニュースが言っておりますが、隣国はずっと戦争していたのでありまして、朝鮮戦争のまま、交戦状態にあったはずであります。同じ民族とは言いながら、国境で分断されて長くなりましたから、事は簡単ではなくなっているはずであります。平和が一番というのは、平和の時の言葉でありまして、平和を唱えていたから平和だったわけではないのであります。50年前を考えてみたら、日本国内が戦争状態でありまして、火炎瓶が飛び交い、催涙弾が撃ち画像込まれ、ビルは爆破されていたのであります。夜中にフランスで作られた日本のドキュメンタリーを見ていたら、右翼はあちらの国の方、左翼はこちらの国の方、と出てきまして目が点になったことがあります。要するに、他国で戦争を継続なさっていたらしいのであります。

シャリンバイ。

中国はかつて共産主義国でしたから、社会主義の国の後ろ盾になっていたのでありますが、今や資本主義も受け入れて、かなり民主化されたのかもしれません。自由に旅行して、日本で爆買いをしたあたりで、国家としては人民の欲望の在処を見据えたことでしょう。しかし、経済が減速する中で、近所の国のお世話をいつまでもしていられるのかどうか、次第に重荷になっているはずであります。常に軍事的な緊張を考えるというのは負担でありまして、もうそろそろけりを付けようとするアメリカに同調する可能性は高いのであります。戦争になれば、ほら見たことかとロシアがアメリカを非難するのは当然でありましょう。それはお互い様ということかもしれません。

  さて、どの国めがけてミサイルを撃つのか。四面楚歌の国。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
In the war the poor die. 金持ちが始める。 粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる