Is it named jellyfish ?  憂きことを 海月に語る 海鼠かな(3)

画像カトレヤの花の写真ですと言っても、別に違和感のない写真だと思うのですが、いかがでありましょうか。カトレヤというのは子供時代には至るところにありまして、目を楽しませた花のような気がしまして、喫茶店カトレヤ、美容室カトレヤ、洋菓子の店カトレヤ、婦人服カトレヤ、というふうに街角の看板が目に飛び込んできましても、積極的に入ろうとはしませんが、そのネーミングのセンスを悪く思うような物ではありません。ちょっと凡庸かなと思うくらいの安易な感じは抱きますが、それがどこから生じるのか分からないくらいであります。コスモスとかマーガレットと同じようなイメージの中にあるような気がいたします。

写真は、ローズマリーの小さな花です。

私のカメラは、庭の例のハラビロカマキリの卵にはピントが合いませんが、このローズマリーの花なら大丈夫でありまして、こんなに接近しても鮮明に写すことが出来るのであります。ハラビロカマキリの卵にピントが合わないと言うことは、重大な欠陥のように思われますが、逆にその形状であるとか色合いの中に何か秘密があるようでありまして、ピントを上手く外すような理由がありそうです。だからこそ、無事に子孫が生まれてきているのかも知れませんね。たとえばそれによく似た色合いでマスクを造ったりしますと、透明人間のように振る舞えるかも知れません。カメラで写そうとしても写らないなんて、非常にミステリアスでありますね。

   うきことを くらげにかたる なまこかな(召波)

画像またいつもの如く、笠間書院刊行の『新編俳句の解釈と鑑賞辞典』を適当に開いて撰んだ俳句でありますが、なんとなくどこかで聞いたような気がいたしまして、案外人口に膾炙している作品かも知れません。そのお陰で難読の漢字が読めるわけでありまして、「くらげ」というのは「海月」って書くこともあると分かりました。海に行って岸辺を泳げば、おや今頃満月が空に出ていたのかしら、などとつぶやきまして、ああなんだくらげではないか、ということで「海の月」という趣向であります。分かり易すぎる気がします。「水母」と書くこともありまして、こっちの方が一般的かも知れません。

またまたローズマリーの接写です。

いつだったか、山形県の鶴岡市のあたりの海岸に行きまして、さあ泳ごうとしましたら、海月がたくさん泳いでいまして、夏休みの始めはそんなものなのであります。あの海岸には、加茂水族館という海月に特化したような水族館がありまして、名物は海月入りのソフトクリームであります。ソフトクリームの中に小さく刻んだ海月が入っていまして、考えて見ればナタデココと同じような食感でありますから、食べてみて違和感は無いのであります。いろんな海月を館内で見て、外に出たら海月入りのソフトクリームを食べるというような趣向なのであります。下村脩さんのノーベル賞受賞の話題の数ヶ月前の体験でありまして、ノーベル賞の話題がまだでない時でも大入り満員でしたから、その後は大変な混雑になったことでありましょう。そう言えば、スーパーのお総菜売り場などに行きますと、「中華くらげ」と称してピリ辛味のおかずになって売っておりますが、あれはキュウリなどと和えると夏場のビールのつまみにはちょうどよい物であります。

   「海月」は「くらげ」でありますが、「海鼠」は「なまこ」、これも見たまんまであります。海の鼠ですね。

海鼠の場合は、手軽にどこかで買い求めるという感じではありません。海月の場合はコンビニでも、お総菜のところに「中華くらげ」が扱われている可能性はあるとおもいますが、海鼠の場合は、そう簡単には流通していないような気がします。中華料理の店で、お座敷か何かにあがりまして、べろべろに酔っぱらった呑兵衛の教授が、なんだかんだと注文を始めまして、「豚肉の天ぷら」「海鼠の醤油煮」というふうに注文しておりました。豚肉の天ぷらについては記憶が無いんでありあますが、海鼠の醤油煮のほうは覚えておりまして、黒くてぬめぬめした半球状の海鼠が並んでおりまして、食べるとゼリー状の食べ物でありまして、まずくはないという物でありました。ちょっと歯ごたえがないなあと思ったのは、若かったからでありまして、今ならあの柔らかさは大歓迎、もうちょっと歯を失ったら、どこぞの中華料理店に行って、訳知り顔で注文することにいたします。あの教授は、今の私の年齢にして入れ歯でいらっしゃったから、海鼠の柔らかさがたまらなく良かったのでありましょう。

   俺はね、歯の無いような年寄りに食われるんだ、と調理場で海鼠が海月に愚痴をこぼしたかどうか。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック