TRDMC 涙こぼるるのみ。

いやはや、お花見日和であります。お花見にちょうどよい気温でありますけれども、さて花粉のほうはどうかと見ますと、昨日などに比べたら飛散している量は少ないのでありまして、もしかして終息に向かっているのかも知れません。私画像の場合は桜が咲いたら花粉症が治まるんでありますが、昨晩は鼻が両方とも塞がってしまいまして、こうなると口を開けて寝ますので、そのままだと干からびてミイラになりそうであります。夜中に二度ほど起きてうがいをしまして、口の中を湿らせたんでありますが、明け方に片方の鼻が通じるようになりまして、何とか危機を脱した次第であります。

新たに咲いているイチゴの花。

写真を見ますと、葉っぱに土がかぶっているのが分かるわけですけれども、先日来の強風の影響で砂嵐となりましたので、こんなふうに至る所に痕跡が残っているわけであります。サッシの窓も、外のガラス面に土埃がこびりついておりまして、どうやらホースを出して水洗いを試みないといけない事でしょう。ブログを書きながら、余計な雑事を思い出すわけでありまして、生活というのは面倒なものであります。数年前に雨の予報など出ていないのに、突然空がかき曇りまして、狭いエリアに大量の雨が降ってくるということが繰り返されまして、これを「ゲリラ豪雨」と称しまして、随分注目を引いたものでありました。ところが、去年の夏にはそんなことは一度も報告されなくなりまして、ウェザーニュースの「ゲリラ豪雨」サイトは現在閉じているようであります。竜巻も年に何度か報告されまして、去年つくば市のあたりに被害が出ましたが、その後は落ち着いたようであります。異常気象も死者が出るほどではない場合には忘れられてしまいますけれども、この春の関東地方の雨雪を伴わない突風は従来見たことのないようなものでありまして、気になることおびただしいのであります。

  さて、ちょっと働いて窓をきれいにしてから、また書き継ぐことにいたします。

さてさて、何をしてきたのかと言いますと、15メートルくらいのホースを持ち出しまして、放水するわけであります。シャワーとか、ジェットとか、キリなどという調節つまみが先端に付いておりまして、こいつをいじりながらレバーを引きますとじゃんじゃん水が出るのであります。サッシがちゃんと閉まっていることを確認しまして、放水の開始であります。網戸が付いておりますから、それを右に左に動かしながら、土埃がだいたい流れた所で、ブラシをもちまして表面をなでつけ画像るのであります。再び放水しまして放置しますと、水滴が乾いたあとに模様が残ってしまいますので、ここで登場するのが窓ふき用の専用の道具でありまして、要するに黒板消しのようなものでありますが、いい具合にゴムとスポンジが組み合わさりまして、これを上から下に下ろすと水滴が消滅しまして、これで完了であります。

某有名サッカーチームの練習場付近の桜。

これで、窓はきれいさっぱり、先日の砂嵐の汚れは落ちましたが、節々に水滴は残りますから、旅行した時に宿の温泉で出された名入りの手ぬぐいをもってきまして、要するに乾いたものでさささと軽く拭きますと、ガラスはピカピカであります。湿度40%の本日はあっという間に、というかみるみる水分が消滅しまして、これでしばらくはきれいな窓からユキヤナギを見たりカエデの新緑を観察したり出来そうであります。ホースはハンドルを回してくるくると巻き取りまして、これで一件落着と相成りました。年に3回くらいはホースで水をかけないといけないような汚れが付くことがありまして、面倒な手間暇がかかるものであります。以前、アパートやマンションに住んでおりました時は、シーズンごとのベランダの掃除が大事でありまして、植物の鉢やプランターを片付け、土埃を集め、さらに前シーズンの使い残した土や肥料を片付けまして、水を撒きブラシをかけて半日がかりの作業だったのであります。使わない鉢や肥料は即座に処分するのがコツでありまして、放置すると3年でも4年でも、うっかりすると引っ越し先から持って来たものを次の引っ越しまで積み上げまして、ゴミを見ながら暮らすことになるのであります。

   お昼のテレビで宍戸錠さん(79)の元気な姿を拝見いたしました。

記憶しておりますのは、NHKのテレビドラマで、悪役の包帯を取るとほっぺたの膨らんだ宍戸錠さんが登場したシーンでありまして、たぶん『天下御免』という江戸時代を舞台とした時代劇であります。主人公の平賀源内を山口崇さんが演じたと思うのでありますが、アクションがありユーモアがあり、毎週楽しみに見たものであります。実は映像がほとん画像ど残っていなかったらしいのでありまして、残念なことはこの上ないのであります。宍戸錠さんの豊頬手術は、そのドラマよりも何年も前だというのでありますが、私の記憶ではドラマの中で宍戸錠さん扮する敵役が別の顔つきになって登場したように覚えております。どうなっていたんでありましょうか。

近所で見つけた馬酔木。

先月宍戸錠さんの自宅が焼けたそうでありまして、ご本人の衣裳であるとか映画の思い出の品はほとんど燃えてしまいまして、ひどくがっかりしている様子が伝えられました。今日のお昼くらいのテレビを見ていましたら、着るものが3着しかない、ユニクロで買っているというような話でありまして、ご飯もお弁当を買って来て電子レンジで温めて食べているというようなことをご本人がおっしゃるんであります。しかし、映画の俳優さんからテレビに見事に転身しまして、広く愛されたキャラクター通り、どこか飄々としておりまして、ピンチなんですけれどもそれを楽しむ余裕を感じさせまして、なるほど器が違うのだと分かりました。日活時代の俳優仲間がお見舞いをくれたと言って感謝することも忘れていないのでありますが、日活で活躍した銀幕スターはみなさんしっかりしておりまして、友情を忘れないという点で立派であります。宍戸錠さんにはすでに亡くなっている弟さんがおりまして、その奥さんがちあきなおみさんであります。ちあきなおみさんはご主人を亡くされて歌を歌うことを止めてしまわれましたけれども、そんなことをふと思い出したりもいたしました。二人を結び付けたのは宍戸錠さんだとウィキペディアは伝えております。

   『黄昏のビギン』という曲は、ちあきなおみさんが歌って復活したんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック