We will strain our ears to rain. 私たちはすっかり黙って。(6)

先日は秋が来たなんて喜んでいたのでありますが、ところがどっこい、問屋はそうは卸さないようでありまして、朝から30度を超えて、今や35度なんてあっという間の通過点、関東地方は35度を超えたところばかりでありまして、燃え画像るような夏の一日であります。家庭菜園でキュウリを収穫しましたが、これが119グラムでありまして、ちょっとずんぐりむっくりのキュウリであります。トマトは、赤くなったうちの半分がダメになっておりまして、残りを収穫してみました。こんなに暑くては、今後の収穫は全く期待できないのでありまして、ヨシズかスダレを用意しまして家庭菜園に日陰をもたらす以外に手段はないような気がするのであります。

本日の収穫。トマトにキュウリ。

夏の高校野球が甲子園球場で始まりまして、朝から中継がありますから、つい見るともなしに見ているのであります。昨日の第一試合は、愛知県代表の愛工大名電と、福島県代表聖光学院の対戦でありましたが、名電が先制ホームランで先行しますと、聖光学院もホームランで逆襲するというような展開でありまして、最後は聖光学院が打ち勝ちました。なかなか面白かったのであります。その中でも、5回の裏、聖光学院の攻撃はノーアウト1塁3塁でありまして、バッターがスクイズの構えを見せましたが、打球は投手のグラブにノーバウンドで収まりましてワンアウト、3塁ランナーが飛び出していて、投手が3塁ベースに送球して2アウト、1塁ランナーもスタートを切っていましたので、3塁手から1塁手にボールが転送されて3アウト。世にも珍しいトリプル・プレーの完成でありました。大会では8回目だそうでありますが、その瞬間を見たのは私としては初めてでありまして、おおお、何だ何だ、これはこれは、いやはや、ということで感心したのであります。普通なら一瞬にチャンスがついえた聖光学院は意気消沈するところでありますが、あまりの美しい三重殺でありまして、そのあと終盤にひっくり返したのであります。エラーも少なくて、鍛えられた攻防に、何かいいものを見たというような感じがいたしました。

   しかし、この暑さの中で平常心でプレーする姿は、ある意味驚異的であります。

   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック