You become more and more beautiful.清冽な生きもの。(4)

ものすごく寒いのであります。寒くて寒くてしょうがないのでありますが、別に私が寒いわけではありません。本日は2013年の8月14日、時刻は午前10時を回ったところでありますが、関東地方はほとんどの地点で30度を超しまして、うだるような暑い日になっております。ただ、日本の中で一か所だけ10・0度というところがありまして、ウェザーニュースの実況温度の地図の中で青い色が目立っております。ほかの地域は25度超を示すオレンジ色か、30度以上を画像示す紅色でありまして、何だ何だ、どこが寒いのかと見ましたら、これはもちろん世界遺産に指定された富士山のその山頂であります。今朝の最低気温が午前5時の5・5度でありまして、これでもちゃんと気温が上昇したようであります。たぶん、12度くらいまで上昇するはずでありますけれども、うっかり半袖短パンで富士登山をしたらいちころでありましょう。そういう人も中にはいるはずであります。

ミディトマトの不細工なのが採れました。

この時期、尾瀬なんかも人気の場所だと思うのでありますが、いつだったか昼過ぎに帰途を急いで木道を縦走し、バスの発着所の登山口まで最後の山道を登っておりましたら、向こうからハイヒール、ワンピースの妙齢の女性がやってきまして、すれ違ったのに驚いたことがありました。すれ違うのは一瞬でありまして、こちらは九十九折りの山道を息を切らして登っているわけで、目に映ったのは赤いハイヒール、次にワンピースの裾でありまして、えええっ、と思って顔を見ようとしたときには、もう相手は角を曲がって視界から消えてしまったのであります。青息吐息の同行者たちでありましたので、だれもワンピースが颯爽と通過して尾瀬の木道方面に去っていったのには気が付かなかったようであります。一瞬の白昼夢のようでもありますし、ひょっとして幽霊かもしれないのでありますが、それにしては赤いハイヒールにはちゃんとストッキングをはいた足が付いていたような気がいたします。長蔵小屋まで2時間くらいかかる地点でありまして、あのハイヒールのかかとは木道の木の間に挟まれて消えるのに、どれほどもかからないことでありましょう。いったい何者が、何を求めて一人で尾瀬にやってきたのか、と考えるのでありますが、不思議なことがあるものであります。

   惜しむらくは、その美しいお顔を拝見できなかったことだけであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック