We will strain our ears to rain. 私たちはすっかり黙って。(5)

ああ、暑い暑い、どっぷりと夏でありまして、逃れ難い夏の暑さであります。これが、例の兼好法師が『徒然草』で言っていたことでありまして、なるほど関東から西の地方では、冬の寒さなんかものでもないわけで、逃れ難い夏の暑さに参っていたことがよくわかります。エアコンがあったら楽ちんだったろうと思うわけですが、これだけ普及しますと、エアコンの効画像かない場所に行った時のダメージが強烈でありまして、暑さもひとしおなのであります。しかし、一年の中で身に染みる寒さを感じたり、うだる暑さを実感するところはどこかといえば、それは駅のホームでありまして、あれはもう犯罪的であります。ぜひともホームを建物で囲みましてエアコンを効かせるべきでありまして、乗り換えの時の不快感はひとしおであります。

次から次とトマトが熟れてゆきます。

電車のエアコンというのは、昔はかび臭くて冷たすぎて不快なものでありましたが、近ごろはずいぶん改善されておりまして、ある意味りっぱなものであります。よくぞここまで、と感心するのでありまして、それだけにホームの改善がなされないことに驚くのであります。新幹線のホームだって同じでありまして、そこをどうにもできないはずがないのであります。先立つものが必要なのかと思うんですが、金銭の問題だけなのかどうか。エキューとには熱心でありまして、その熱心さがホームの安全対策には必要でありましょう。エキューとは金を生むけれども、ホームは金を生まないというなら、エキューとをホームの上に引っ張ってくればいいのでありましょう。昔からホーム上には売店がありましたから、それをもっと本格的にするだけでいいのであります。いっそカフェを作っていただいて、アイスコーヒーなどをすすりながら電車の往来を眺めてみたい気も致します。

  冬は暖かで夏は涼しいホームだったら、身投げする人も減るかもしれないのであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック