Only I know all.ついに漱石『こころ』を読み通す(2)

他人のことは分からないのでありますが、自分のことで不思議だなあと思うのは、40歳を過ぎたころから、何かをした疲れが数日後に出て来ることでありまして、疲れが分散して出て来るような気がいたします。それを最初に感じたのは、腕に激痛が走った時でありまして、何か悪い病気か、死ぬのかと恐れましたが、それが何日も前にやらされたアーチェリーの筋肉痛ではないかと思い至って激痛はただの筋肉痛に改善したのであります。要するに、何かあった翌日くらいには反応が出てこないで、数日たって痛みを発するのでありまして、さらに原因に気が付くとそれなりの状態に減退するわけなのです。どうも身体の修復機能が鈍っているために、疲れたところ傷んだと画像ころをすぐには認知できず、認知すると記憶とかみ合わないために、過剰に警告が出るような気がします。異様に暑苦しい週末に遠方に出向きまして、慣れないことをあれこれしたのがよくなかったようで、居眠りはする、やる気が起きない、耳が遠くなる、というような症状でありまして、もはや50年以上生きると身体がポンコツになるということが分かります。

サルスベリの枝先の咲きっぷり。

まもなく7月も終わりでありまして、12か月のうちの7か月が終了であります。この12か月の12という数字は、約数の多い便利な数字でありますから、それぞれの月が終わったところで一年の何分の一が終了したと認識できるんでありますが、5月と7月の終わりは中途半端でありまして、どうでもいいやという感じがいたします。5か月が終了すると、一年の41・66%が終了でありまして、荒っぽく言うと4割終了ですが、それよりはちょっぴり多いのであります。これに対して7か月が終了すると58・33%が終了でありまして、当然のことながら両者を足し算すると100%となるのであります。要するに、一か月の比重が一年に対して8・33%なのでありまして、12分の1というのを%に直すと8・33%になるということでもあります。いま日本で老人の認知症患者がどれくらいいるのかというと、ちょうどその数字くらいになるらしいのでありまして、12人に1人という確率らしいのであります。少ないような気がするんですが、6組の夫婦というふうに考えるとその中の1組には認知症の人がいるということになりまして、そうなるともはや他人事ではないのであります。ご町内には必ず認知症の人がいるはずでありまして、長生きしたのはいいが、もはや人生を楽しむことはかなわないようなのであります。

  夏目漱石作『こころ』もあと10節を残すのみ。下巻の第47節を読了です。

下宿屋の奥さんにお嬢さんをくれろと談判してから、先生は自分のしたことが裏切りであると自覚しまして、気に病むのであります。軍人の妻であった奥さんは毅然としていて、この人は元来江戸っ子ですから、要領がよくて己をわきまえていて、目端も利くという女性のようであります。故郷を喪失したものの、親の遺産をかろうじて処分してお金には不自由しない若い日の先生を、娘の結婚相手として眺めていたわけで、なるようになったと思ったは画像ずなのです。娘にもすぐに先生の意向を伝えたようで、食卓に一緒につかなくなった日がありましたから、娘であるお嬢さんは生娘らしくはにかんだわけで、この人は別に悪女ではありません。結婚してくださいと言われたら、承諾したい気持ちがあればあるほど緊張するはずでありまして、昨日までと同じ気持ちでは接することはできないはずであります。そういうことが第46節に出てきました。こういうところは、漱石先生は用意周到であります。

ニオイシュロランの実が成る様子。

そして、いよいよ先生の策略が功を奏した場面が出て来るのであります。最も期待し、最も恐れたことであります。ある日下宿屋の奥さんから、例の件は友人に話していないのかと詰問されまして、どうしてかといえば、奥さんがめでたい話を友人に語りかけたら、友人である「K」が変な顔をしたというのであります。そりゃあそうでありましょう。お嬢さんが好きだと告白したのは友人の方でありまして、それを聞いておいて抜け駆けを果たしたわけですから、こりゃあもう友情にひびが入るのは必至であります。奥さんは、娘に求愛してきた若い日の先生が、友人にはそのことを内緒にしているとは思わなかったのであります。どうかお祝いしてくださいと奥さんは友人「K」に言うわけですが、返事はおめでとうございますとごく普通ですが、そのあとに金がないからお祝いできないという何とも情けない言い訳が付くわけですが、おそらく本当に言いたいのは「自分の気持ちを知りながら抜け駆けした奴に捧げるお祝いなど、自分の今の気分では出しようもない」ということでありましょう。

  親しい友人が、美しい下宿屋の娘を巡って三角関係に陥るのは愚かであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック