I'm acting on my own initiative.率先垂範。(4)

リンゴのうまい季節になりまして、今年はどうやら非常にきれいなリンゴが多いような印象であります。リンゴの産地に台風の被害がなかったからかもしれません。大昔でありますけれども、台風が一度日本海に出てから進路を東に変えて、津軽海峡のあたりを通過したことがありまして、出荷寸前のリンゴがあらかた落ちてしまったという、とんでもない年がありました。たぶん、流通業者や小売店が協力しまして、落下リンゴを店頭で売りまして、消費者もそれに従って買い求めたのであります。リンゴやミカンは食卓に無くてはならない果物ですから、世間が協力してピンチをしのいだあの画像一件は、もしかしたらこの30年間くらいの間の美談の一つとして、教科書に掲載してもいい話かもしれません。お昼のサラダにイタリアンドレッシングが掛かっておりましたが、デザートに出たリンゴをそのドレッシングで食べたらうまいこと、うまいこと。そういえば、コールスローサラダに干しブドウやリンゴが入っているとうれしいのでありますが、これって好物なんでありましょうか。好き嫌いがなくて、何でも食べるために、好物ってことを特に意識したことがないのであります。

ハチの好物は花の蜜であります。

このハチが何という種類なのか見当がつかないのであります。ミツバチにしては細いのでありますし、スズメバチのなかの一種とするとキイロスズメバチかもしれないのでありますけれども、だとしたら結構凶暴で大きな巣を作る札付きのスズメバチなのであります。近所に大きな巣があったりしたら、困るなあと思ったりするわけであります。セアカゴケグモという毒のあるクモがもう近所まで来ているらしいのでありますが、我が家の庭はジョロウグモの天下でありまして、払っても払っても毎朝蜘蛛の巣がしっかりと張られているのであります。去年かおととし、ジョロウグモの巣を随分払いましたら、最後は近所の路地の道路の上に巣を張りまして、あちらも妥協するということを覚えたようであります。夏の間、いろいろと大切な用事が控えておりまして、絶対欠席できないというような状況だったので、庭の草むしりなどは二の次三の次、疲れ切って病気にでもなったら困るということで、庭は雑草の天国と成り果てたのであります。これをチャンスと見たジョロウグモは、しっかりと樹木の間に巣を張りまして、庭のイニシアチブをしっかりと握ったつもりのようでありましたが、ここに来て人間が巻き返しに出た次第です。

  しかし、あれはあれで、ほかの昆虫が減りますから、蜘蛛の巣祓いもほどほどに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック