It's personal impressions.個人的な感想です。(5)

デザイナーの旗色が悪いようであります。ベルギーのシアターが何でまたいちゃもんをつけるんだろうと不思議に思っていましたが、どうやらデザイン盗用が日常茶飯だったような話が出てきまして、さらにはどこで盗用していたのかと言うようなサイトの情報までが明確に出てきまして、じわじわとアイデア盗用の秘密が暴かれているわけで、こうなると遠くから似てるんじゃないのと攻めたのではなくて、内側に事情通の人がいて、そこから手の内が漏れているような雰囲気であります。それはあれ、ほら何とか細胞の割烹着の時と似ておりまして、実は内部に疑惑の目を持つ人がいて、どうも我慢ならなくなった人たちが反旗を翻しているような匂いがぷんぷんといたします。世の中には要画像領のよい人と言うのが結構いるものでありまして、社交術と何がしかの金品、親戚縁者の持つ奥の手などを使ってうまいこと世の中に食い込んでみるんですが、その目的のためなら手段を択ばないやり口に耐えられなくなる「スタッフ」が存在しまして、そこから決定的な何かが漏れ出てしまうのでありましょう。東京オリンピックの醜聞が止まらないのでありまして、エンブレムもスタジアムも台無しでありまして、さて開催する意義があるのかどうか。

猛暑と強雨で枯れ落ちる匂い棕櫚欄。

世の中は夏休みでありまして、モールなどを歩いてみれば、母親と小学生の連れ立つ姿が圧倒的に多いのでありまして、さらにまた炎天下で遊び場を失った幼児が母親に連れられて集団ではしゃぎまわっております。お盆の季節でありましたので、思いっきり帰省して羽を伸ばしたことでしょうし、帰省先から持ち帰ったお土産などを交換しまして、意気盛んになった母親グループなどという想像をいたします。そう言うのが嫌なのかと言うと、ちっとも嫌ではないわけで、よそ見をしてあらぬ方向によたよたする子供の動きを予測しまして、避けながら歩いたりするのであります。ベビーカーがエレベーターに乗るまでボタンを押しておりますと、ちゃんとありがとうございますと返事が来たりしますから、しつけのいいお嬢さんが母親になっていたりするわけで、少子化時代ですから世の中も暖かいことでしょう。昼間のモールに来ている人たちを見る限りは、世の中安泰でありまして、そこには貧困の影もなく、平和を脅かす戦争の影もないのでありますが、新聞やテレビやネットの伝える8月の話題とはかけ離れております。情報があるからと言って幸福なわけではないのでありまして、そこのところは結構大事なことかもしれません。日本も結構広いので、日本中の悲惨なニュースをかき集めたら、気分は憂鬱ですが、凡人としては見なくていいニュースはなるべく見ないよう聞かないよう言わないようにして、淡々と暮らしていたいものであります。

   蝉落ちて 樹陰俄かに 静まれり(粗忽)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック