Can I have a eternal doze? けむる向こう岸。(6)

持ち物を整理して、必要最小限にするというのは、もしかしたら忘れ物をしないコツかもしれません。外出の時に服を着ますけれども、それ以外に持つものと言うのはどれくらい必要なのかと考えて見ると、私の場合はポケットにハンカチを一枚、家の鍵の紐をベルトに付けて鍵をポケットの中に収めます。後は薄いカバンでありまして、デパートの紳士服売り場のそばの小物コーナーで、新社会人向けにバーゲンをした時に見つけた超軽いものであります。これにスマートフォンを入れ、仕事道具を入れ、時に弁当を入れる時があります。カバンに常備するのは、眼鏡ふき、小さな平たい櫛(携帯用のコーム)、財布、クレジットカード(スイカ付き)、図書館のカード、ペンが2本、汗ふきようのハンドタオル、ポケットティッシュ。ここまでは、まあ最小限であります。これに、切り傷用のバンドエイド、小さい歯間ブラシを念のために加えてあります。それ以外に、人には言えないアイテムが2点ありますが、大したものではありません。いざと言う時に身を守るものですが、使ったことは一度もないのであります。USJから家族が買ってきて画像くれたハリーポッターの杖も持っておりますけれども、カバンに入れてあるのはそれではありません。貰った時に、チョコレートだと思って先端にかじりついたので、私の歯形が付いておりまして、今もあの杖は押し入れの中であります。って言うか、お土産におもちゃの杖をくれてどうしろと言うのでありましょう。「パトローナム」と叫んでも、私の守護神は出現しそうもないのであります。

雨に濡れたヨシズを干したら、ヤモリが登場。

私の守護神は、おそらくこのヤモリ程度のものかと思われます。よく見ないとコンクリートと同じ色合いですから発見できないかもしれません。お尻のあたりに蜘蛛の巣が絡んでおりまして、ヨシズを保管していたら、小動物がちょうどよい住まいとして利用していたことが分かりました。強い雨が降りまして、普通だったら濡れそうもないところにスダレやヨシズを保管していたんですが、下の方が濡れたかもしれないということで、晴れてから干してみたのであります。話を持ち物のほうに戻すと、一時期カバンを持たないで済ませた時期がありました。仕事の道具はコピーにして折りたたんで胸ポケットに入れまして、残りの品々は背広のポケットに分散してしまい込みますと、不思議なことにかばんは不要なのであります。それはそれで結構なんですが、一つは手ぶらであるというのが、見た目に微妙なはずなのであります。職場に到着した時はともかく、帰宅するときにじゃあと手を挙げて手ぶらと言うのはどうも様にならないような気がします。それと、背広を着かえた時、あるいは背広を着ない季節には忘れ物をやらかす可能性が高まるわけであります。そうそう、折り畳み傘は持ち歩きません。高価なものを買ったら忘れないかと思って、ブランド物の高いのを買ったことがありましたが、あっさりと電車に置き忘れましたので、以来折り畳み傘は持たない主義なのであります。

   こうして書いてみると、実にシンプルであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック