They will break up their popular group.終焉。(6)

雪も降りまして、それも結構な積雪量でしたから、屋根から落ちた雪が大変なことになっております。去年も一昨年もふりましたので、もうさすがに驚かなくなりましたけれども、あまり無理をせず、なすがままにしてみようと思うのであります。スキー場へ向かう若者を乗せたバスの事故については、スピードが出ていて左のガードレールに衝突し、この結果車体が傾いて右のガードレールを突き破ったことがほぼ間違いないようであります。大型バスには大型バスなりの運転技術が必要みたいですが、どうも運転手は不慣れであったということであります。どこかのテレビ局が夜車を走らせて検証しておりましたけれども、非常に運転しやすい道でありまして、まったく理解しがたい事故のようであります。これと同じで、国民的人気アイドルグループの解散報道も、ご本人たちが生出演で「空中分解」の危画像機があったけれども、事務所の偉い方に謝罪して許されたと申しておりました。世界にひとつだけの花のあるアイドルグループだったんですが、それを雇っていた「花屋」が一番偉かったという落ちを付けた人がいまして、なるほど売り物の花は花屋さんが見立てたものでありまして、本人の個性や特質はあくまでも選択されたに過ぎないものだったようです。

屋根からせり出す雪の塊。

屋根から落ちた雪の下敷きになりまして、今年もローズマリーの枝が折れました。どうして屋根の真下にこの植物を植えたのか、そこが謎でありますが、おそらく家を建てた時には暖冬でありまして、雪がそこに屋根から滑り落ちるということはなかったのかもしれません。できれば、掘り上げて植え替えたほうがいいかもしれないのであります。うっかりと水仙も同じような位置でありまして、植え替えを敢行したときには、そんな風に屋根から落ちる雪を意識する必要はなかったのであります。熱中症で人がバタバタ死ぬ数年の後で、積もるほどの雪が数年続いているわけで、いろんな気象現象が生じるものであります。例のアイドルグループの問題は事情が分かってきまして、事は事務所内の力関係のようであります。マネージャーが敏腕で、あのアイドルグループを見事にトップアイドルに押し上げましたが、事務所にはほかにもいくらでもグループがいまして、今はもっと人気の高いグループもあるというような状況であります。マネージャーが経営者に疎んじられて、それならいっそ五人を引き連れて移籍を狙ったんですが、交渉の席に着いたのは四人、三人は同調したけれど、一人は保留、交渉の席に付かなかった一人が四人を説得して謝罪させたというような話であります。五人は、すでに個々の活動のほうがメインですから、自分たちをよく知るマネージャーに付いて行きたいというのは当然であります。グループになった時の年齢が幅がありまして、その幅が見事に対応にリンクしているようであります。五人が結束が固くて元々ひとつの束になっていたら移籍できたでしょうけれども、一人ずつ独立の意志を聞いたのが失敗だったのであります。

   キャンディーズみたいに、全員が引退すると言えばよかったのに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック