I congratulate it sincerely.心からおめでとう。(4)

春の選抜が開催されておりまして、たぶん明日が決勝戦であります。乱打戦があったり、投手戦があったりしまして、見ごたえは十分ですけれども、見ている暇がないのであります。近代になってスポーツが重要な娯楽になったんでありまして、日本の場合はちょっと前までは野球がダントツに支持を集めたものでありました。今はサッカーも人気でしょうし、テニスだって卓球だってそこそこの人気を誇りますが、テレビ中継と言う点から言うと高校野球は別格のような気がします。昭和30年以前は大学野球の方が人気だったはずで、長嶋茂雄さんが大学野球の人気をそのままプロ野球に持ち込んだというような話を聞いたことがあります。今から40年くらい前の普通の高校では、部活の予算に関しては野画像球部がダントツでありまして、どの学校も野球部に力を入れていたのであります。どうしてそれがサッカーやバスケットでなかったのか、そのあたりがもう一つ分かりませんけれども、とにかく春と夏の甲子園大会を頂点とする野球に、みんなが必死になっていたことがわかるのであります。

鈴蘭水仙。背景の葉っぱは実はヤブラン。

故郷の同じ中学の先輩にプロ野球で活躍した人がいまして、たぶん姉の同級生だったのであります。高校時代から本格派でしたが、高校のチームは打力が無くて甲子園に届きませんでしたが、プロ野球では立派なエースだったはずであります。その人が高校生だった時に、たまたまバスで乗り合わせましたけれども、背が高くて天井に頭が付いてしまうので、首をかしげて降りてゆくのを見たことがありました。野球選手も大相撲の力士も、テレビの枠の中で見ているとさほどではないように見えましても、現実に見ると非常に大きくて、そしてそういう人が器用に動き回るわけです。春場所の相撲中継を見ているときに、力士の体脂肪率の話が出てきまして、太ってムキムキなのに体脂肪率は2%というようなことを解説者かアナウンサーが語っておりまして、要するにただ太って脂肪をまとっているのではないという話なのであります。鍛えぬいた筋肉の鎧で体を守っているわけで、こちらとは鍛え方が違うようなのであります。春場所を見ていたら流血することが多くて、いかにも格闘技であるということが分かるわけですが、それにしても血を流す取り組みが多すぎる印象でした。昔は、一場所が終わて次の場所になるのに長い時間がかかるという気がしていたのでありますが、最近は終わってすぐに次の場所がやって来るような気がするのであります。年を取ると、時の流れはあっという間なのであります。

  もう、一年の4分の1が終わるのでありますから、速い速い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック