The quake occurred at 9 p.m..地震発生。(5)

何だかあったかいね。暑いくらいであります。昨日、ぐわあああと風が吹きまして、吹きながらどんどん気温が上がりまして、夏が来たというようなあり方であります。うろたえまして、さっき夏の衣類を収納したケースを探しまして、そこからTシャツを出しまして、今着ております。ほんの一週間前、いや二日前までは、服を三枚以上着ないと生きた心地がしなかったんですが、一枚のシャツで全く平気であります。そんな状況で、ウェザーニュースの地震サイトで確認しますと、熊本はまだ地震で揺れておりまして、数も多いが、震度3は当たり前でありまして、震度4もあるという状況なのであります。し画像かしながら、それながらでありますけれども、いくらネットが便利になり、情報があったとしましても、救援に行くとか救援物資を届けるのは生身の人間でありまして、どうもうまく行かないなどいう情報が出ているのであります。おーい、ドローンはどうした、と思うのでありますが、噂は聞こえてこないのであります。

ツツジがもう止まりません。

あれだけ激しく揺れてしまうと、どんな家に住んでいようとなかなか大変だということが分かりました。そこから導き出される教訓と言うのは、きっと『方丈記』の鴨長明の生活でありまして、彼は結局四畳半くらいの方丈に暮らしておりまして、ちょっと書き物のできる文机と琵琶くらいを持って、何かあると人に頼んで方丈を解体しまして、よそに移動していたらしいのであります。その原因は戦乱とか飢餓とか大風、そして直下型の地震でありました。もちろん大火もありまして、家を建てて住むのが嫌になったというのが彼の主張なのであります。ただ、いいとこのお坊ちゃんが父親の死をきっかけにして転落したわけですから、話は半分だけ信じて、半分は疑ったほうがいいのではないかと思うのであります。ミニマリストの話と言うのも、例えば実家に荷物が預けてあるとか、恋人の家に入りびたりで、そっちにはあれもこれも全部置いておいて、自分の部屋は必要最小限と言うことはありそうです。鴨長明だって分からないのであります。

  しなければいけないことは山ほど。でも眠気が襲います。暑い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック