Continuous partial attention.生半可。

いろんなことをちゃんとやろうと思うんですが、なかなかそうはいかないのであります。緻密な人と言うのは結構いるものでありますが、単に几帳面な場合は、やがて破綻するようであります。時間が流れておりますから、不完全でも先へ先へと行く必要がありまして、行き詰まったと思ったものが、時間の経過で救われることもあるのであります。人は何かを極めたと思う時に、実は終わってしまうのでありまして、とてもじゃないが極めつくせないと思っていないと面白く感じないかも。自分でも何を書いているか分かりませんけれども、きっと天から降って来る言葉が、今定着しているのでありましょう。さて、熊本の地震は次第に収まって来たのでありましょうが、これが他の活断層に影響しないのかどうか。画像だいたい、活断層とは何なのかをよく知りません。マスコミに取り上げられているうちに分かったつもりの言葉というのは多いのでありますけれども、ちゃんと分かっていることなんか何もないのであります。

チューリップ。

本日ちょいとばかり散歩いたしましたが、散歩の途中で、何と言うか、積年の疑問が解決したことがありまして、それをご報告であります。ただ、疑問は解決したんですけれども、むしろ新たな疑問が発生しましたので、こりゃますます気になるということなのであります。積年の疑問と言うのは、近所にある妙な裏道でありまして、もしかすると川を埋め立てた結果、できてしまった道路なのかもしれません。その道路をたまに通るのでありますが、そうするとその途中に、なんだこれはという箇所がたくさんあるのであります。例えば、その道路が途中で一部「公園」と言うことになっておりまして、入り口に公園という表示もあるんですが、どう見てもそこは道路なのであります。しかし、公園と言うだけあってシーソーがあったりするんでありますが、地図で見たら、道幅と同じ幅の公園であります。次に、この公園に画像面して一軒だけ飲み屋というか喫茶店と言うかギャラリーがあるんですが、それはもう妖気が漂っております。だって、ランチの看板が出ていますが、入る人出る人関係者、一人も見たことがありません。そして、まるで昔は遊郭もしくは料亭、今は塀が朽ち、タヌキのお宿みたいな家がありまして、どうしてこんなところにという建物であります。大正時代くらいの待合でしょうか。要するに、男女が逢引するお家であります。戸が開いてお花が咲いているからどうぞと札がありました。家の周りが全部チューリップ。それ以外の花がないのであります。

  ほんとにチューリップだけ。なぜ、なんで、なにゆえ、わからん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック