Take a anti-crime measures.備えあれば患いなし。(4)

今年は、何だか桜を勇んで見に行こうという気持ちがあまり起きないのでありまして、花見などということも、自分の中で断捨離できてしまったのかもしれません。考えて見れば、世界遺産なんてことが言われ出しまして、要するに金持ちが海外旅行する時の目安でありまして、何となく安直で裏がありそうな気がするのであります。よって、富士山だ、製糸場だ、それだこれだと言われましても、食傷気味と言うか、団塊世代のツアーなんかに飲み込まれたくないという気持ちが先走ってしまいます。どうも、国威発揚とかそういうことがマスコミを通じて喧伝されまして、もういい加減にしろという気がするのであります。ひとつは、例のオリンピックにまつわる不手際の連続が原因の一つですけれども、もうひとつ画像はバカ騒ぎのネタはもうたくさんだ、静かに充実した暮らしがいいなと思うのであります。一億総活躍というのは、そんなのはもちろん絵に描いた餅、つまり画餅でしょうけれども、生まれたての赤ん坊から百歳を超える人までが活躍するなんて、馬鹿げた発想であります。寝ている人も活躍をしろと言うのかと思うと、うんざりなのであります。

今年の桜。

行き当たりばったりの旅番組が人気でありますが、ブームを作った番組は今でも健在ですけれども、真似をする番組は苦しいような気がします。新番組なのに、いかにも昔からやっているようなふりをしまして、番組名やテレビ局の名前を出演者に連呼させますが、自分たちでも飽きているようであります。どれがオリジナルなんてことは言いっこなしでありますが、それでも、むりやり押しかけたふりをしてお店に襲い掛かるのは、もう止めたらいいのに。本当に襲っているなら無礼だし、危険だし、お店の側も演技しているなら、それにしちゃ演技が下手過ぎるのであります。カメラクルーはプロデューサーも入れたら5人や10人はいるわけで、それが付いて回って、さりげないふりをするというのはいかにも嘘くさくて、それでも出演者に芸があれば宵の徒然には見ますけれども、なんだか嫌だなあと思うのであります。製作費が安くて済むからということで安直に作っているんでしょうけれども、まあそのうち淘汰されて終わるのでありましょうか。

   桜も植えすぎたのでありましょう。ありふれてはつまらない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック