The Panama Papers are classified documents.赤っ恥。(9)

次から次に問題が噴き出るようで、さて着地点はどのへんなのか、興味津々であります。もちろん芸能人の不倫の問題もそうですが、自動車に関する不正もまた同様でありますけれども、さらには知事による公私混同問題もあるわけです。長く生きていると思うのは、人の性格というのはなかなか変えられないものでありまして、組織もまったく同様でありますから、一度だけ躓いているわけではなくて、探るといくらでもまずいことが出てくるわけなのであります。エンブレムでみそを付けたオリンピック問題でも、おそらく一事が万事、要するに穢れ切っているわけで、だって、もともとずるをするために誘致していたのでありましょう。やっている人は穢れていて当然と思っているわけで、きっと世間があまりに潔癖過ぎて気分が悪いかもしれません。芸能人だって果たして新婚の奥さんが本当に新婚だったのかどうか、そこも探画像るとドロドロかもしれません。有名人が引っ掛かったので慌てて糟糠の妻と示し合わせて婚姻届けを出すくらいのことは、たぶんやりかねないことでありましょう。お互い様なのであります。うがちすぎ?

ヘンルーダの蜜を吸う蝶々。

「ちょうちょ」なのか「ちょうちょう」なのか、悩ましい問題であります。学校の授業科目である「体育」も「たいく」なのか「たいいく」なのか、いつも気になります。普通は「ちょうちょ」であり「たいく」のはずなんですが、きっと正しくは「ちょうちょう」と「たいいく」のはずですが、しかし分かりませんぞ。だから、実は被害者は有名な芸能人の方で、若奥様は首謀者かもしれません。LINEが漏れたのはそういうことでしょう。同じように、日本の賄賂が悪いのかどうか。他の国が10倍くらい払っていたら、実は選考は非常にフェアであって、手数料として考えたら妥当ということもオリンピックでは常識かもしれません。燃費の不正なんて存在しないも同然で、実はどの会社も実測値なんてないかもしれないのであります。そして、家族旅行費を会議と偽って受け取るなどというのは、実は正直な方で、他の知事はもっと上手に迂回しているかもしれないのであります。そもそも会議が名ばかりなのは誰もが了解済みのはずなのであります。

   つまりおこぼれにあずかれないと告発するわけで、ご苦労様でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック