In the war the poor die. 金持ちが始める。(2)

引っ越しをする度に大量に物を捨てているんですが、捨てたそばから新たな物を買いますので、買っては捨てるということの繰り返しであります。18歳で故郷を離れた時は、ほとんど物を持っていなかったので、あの状態に戻ればよさそうでありますが、夢と希望に溢れた若い時のようには、すがすがしくはなれないことでしょう。ただ、若いから本当に夢と希望に溢れていたかというと、実はそうでもなくて、現実をかみしめ困難な船出に弱音を吐かないようにしていただけで画像あります。重荷の方が重くて、身の回りの持ち物まで気が回っていなかったような気がします。パソコンの周りを見ると、その頃に買った本棚などを今でも使っていますから、ずっと移動する時に捨てなかった物があると言うことなのであります。

ニオイシュロラン

それよりずっと後に手に入れた机の類を処分しまして、断捨離は進行中なのであります。考えてみると、末っ子でありまして、上が使わなくなった物を使い回して生きてきましたので、実は自分で買った物、自分のために買った物は少ないのであります。ただ、誰かのために買った物に関しては、それを使う人がいなくなった段階で責任を持って処分しているというような気分であります。机に関しては、もはや机の上で物を書くと言うことがなくなりまして、だとするとパソコンの置き場なんですが、従来の机はパソコンを置くには不便なところがあるような気がします。軽量でコンパクトでないと、パソコンには向かないというような気がします。分解して捨てようかとも思いましたが、引き取り手が現れたのは良かったかも知れません。日本中の家屋で、古い机がそのまま朽ちているはずで、仕方ないけれどもやむをえないのであります。

  一番最初の自分の机を思い出したが、あれはまだ実家にあるかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック