The victory or defeat is decided. 勝負あった。(5)

もしかして、日本経済があんまり回らなくなったので、国家の財布を握ることが喫緊の課題になっているのかもしれません。日本が儲かっていた時は、国家に関わるよりも私企業でたんまり儲けるのが一番だったはずで、上手に経理をすれば節税もできてあれやこれや濡れ手に粟の状態だったのであります。粟と言うのはお米なんかに比べて非常に軽いものでありますから、乾燥した手だとまったくくっ付かないんでありますが、濡れた手で粟の中に手を突っ込めば、まあ驚くように粟が付いて来たのであります。どんだけ儲かったのか。それがどうもうまく行かないので、俄然税金徴収画像の側に回ろう、補助金をゲットしようという気持ちになったのでありましょう。団塊世代がいよいよ人生の末期に入りましたが、近所には老健施設があまたできまして、その近くを葬祭センターが囲んでいるのであります、おそらく間もなく墓石店があちこちに支店を出すはずであります。

ドクダミの花が咲いたよ

そうすると墓苑がもっとたくさん開園するわけで、葬儀のあとにはそこに埋葬するわけで、墓石はきっと必要であります。そうなると、葬式のためのお坊さんも必要で、さらに献花のための生花も大いに必要であります。今投資するなら、百合の花とか菊の花の栽培に大金を投じておくのがきっといいのでありましょう。そうして、団塊の世代が駆け抜けた跡には、花屋の店舗が消滅し、お坊さんが失職し、墓石は売れなくなり、葬祭センターは軒並み閉鎖されるのでありますから、当然の如く「ポスト団塊世代不況」が日本を襲うのであります。次の世代は健康に気を付け、葬儀は簡略化し、墓石はネットで安く買いこみ、墓苑はレンタルで済ませることになるはずであります。お坊さんは、ネットでYouTubeから読経シーンを流しまして、戒名は専用ソフトで個人の名前と経歴、趣味・業績などを入力すると、最も適切な戒名が出てくるはずであります。そうか、戒名ご提示ソフトを開発すればいいのであります。

   考えてみると、十年二十年先はあっという間でありまして、すぐそこ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック