I cannot say everything. 光と影。(3)

梅雨が明けたそうですが、いや、もっと前から明けていたのじゃないかという突っ込みは出来そうですが、九州の大雨のことなんかを考えたら、関東は晴れていたから梅雨明けしていたんだとは言いにくいことでありましょう。日本列島全部を日本だと一括りにしようとすると、かなり無理があるわけで、実際には分けて考えたほうがいいかもしれないのであります。京都や大阪の人が、東北や北海道を同じ国だと思っているわけがないのでありまして、そのあたりは言わな画像いことになっているのであります。昔、東北に遷都しようかという議論が起きた時に、ある洋酒メーカーの偉い人が、「蝦夷に都は渡すまいぞ」と言おうと思って、教養が薄いものだから「熊襲には都を渡すまいぞ」と言って、なぜだか蝦夷側が不買運動をしたという話がありましたが、その時熊襲が怒ったという話は聞かなかったような気がします。

サルスベリ

蝦夷の代表は出羽にいた安倍氏でありまして、反乱の末討ち死にした人の兄弟が生き残って捕虜となりまして、京都に連行されていたらしいのですが、あっちへこっちへとVIP待遇でたらいまわしになっていたという話を聞いたことがありましたけれども、いつだったかWikipediaを見ていたら、その安倍氏は源平の合戦の時には平家方についていて、平家が壇ノ浦でほろんだのを機会に、長門の国に上陸して豪族化したらしいのであります。その子孫が現在の総理大臣の御先祖だというのであります。これは誹謗中傷の話ではなくて、首相が選挙に出る時にはそのことをアピールしたそうですから、むしろ誇りだったということであります。どこの国も少数民族の方が意識は高くて、政治にコミットするという話がありまして、そうじゃなければ同化されてしまうか、絶滅危惧種に追いやられるからでありましょう。何か危機感がなければ、政治にコミットする気にはならないのであります。

   お役人は実は危機感のない人たちの集団であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック