Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。

過去の夏休みの記憶を辿ったら、山奥の温泉旅館に父親と二人で泊ったことがありました。マコロンを食べた後で、夕飯が出たのかどうかは記憶にありませんが、ひょっとするともう9時とか10時だったのかもしれないのであります。不安に思った記憶はありませんので、父親はうまいこと子供に分かるように説明していたのかもしれません。朝起きると旅館は霧の中でありまして、そのことは覚えていても、食事を食べたのか、温泉に浸かったのか、そのあたりの記憶はな画像いのであります。ひょっとすると素泊まりだったのかもしれないのであります。案外家にすぐに到着したので、拍子抜けしたことを何となく覚えています。ずっと後になって、あのときの父親くらいの年齢の時に、一度だけその旅館のあたりに行ったことがありますが、アブがすごくて旅館の駐車場から逃げ帰ったことがありました。

ハイビスカス

その後、父親がバイク事故に遭って大怪我をしまして、数か月入院をしたのでありますが、バイクに懲りたのか奮起して車の免許にチャレンジしまして、教習は相当苦労したらしいのでありますが、何とか免許を取得したのであります。一度だけ、教習用の手帳を開いてこんなに教習を受けたと見せてくれたことがありました。免許を取るとドライブ三昧でありまして、しょっちゅう助手席に載せられて海へ山へ繰り出したものであります。最初のドライブは、実は例のお城を目的地にしまして、帰りは温泉のある山道よりももっと遠回りしたものであります。そのドライブの終わり近くにラジオから流れたのが、南沙織さんの『17才』という曲でした。あの曲は生命感あふれる17才の歌として理解されているんでありますが、よくよく聞くとその裏にある「死」がほの見えるのであります。

  人生にはいろんなことが起きるものであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック