I do not mind returning. 峠を越える。(7)

どこかあまり知らないところへ出掛けようと言う時に、昔は都市地図というようなものを持っていて、それを眺めて準備したものであります。若い日にお師匠さんと偉い人に会う時に、師匠が駅前の交番にずいずいと入っていって、お巡りさんに年賀状を見せて、この住所にどう行くのかと聞いた時には、はっきり言って驚いたものであります。お巡りさんに道案内をさせる? そう言う風に世の中を生きるものなのかと不思議に思ったのであります。あの時のお師匠さんの年齢に到達しましたが、そんな振る舞いはちょっとできないのであります。今ならグーグルを開きまして、目的の住所を打画像ち込み、最寄り駅とその住所の間を眺めて、どう歩くか、あれこれ考えるのであります。もちろん、行った後でグーグルを開いてどこを歩いたか確認したりするのであります。これだけ便利になったら、本屋で売っている地図は売れないことでありましょう。

ローズマリー

ただし、グーグルもリアルタイムの情報が出てくるわけではないので、そこのところは注意が要るのであります。お店に関しても、すべての店舗がしっかりと明記されるのではなく、ほんの一部が強調されていますから、時には役立たずな時もあります。面白いのは、コンビニや飲食店の名前をクリックすると、いろんな書き込みを見ることができまして、書き込む人によっては開店時間や利便性や混雑具合が書いてあって役立ちます。ただ、人によっては店員の接客態度が悪いというような印象を記しておりまして、これが何となく微妙なのであります。書き込んだ人の名前をクリックすると、その人の行動範囲や書き込む店の傾向が分かりますが、だいたい否定的な評価をする人は全般に否定的で、どこへ行っても店員は無愛想で、メニューはひどく不味くて、最低のお店だったということになるのであります。どうやら、自分のストレスのはけ口でありまして、よくまあどこへ行ってもひどい目に遭うものだと驚くのであります。

   悪口は書かない方がストレスは減るだろうに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック