If you stand, walk right now.切なる親心。(3)

外から帰って来た家族が、お月さんが真ん丸だというので、調べてみると本日3月2日は、旧暦正月の15日に当たりまして、暦には満月と書いてあるのであります。昔なら小正月とか何とか言って、女性が休みの日という言い伝えがございました。そんな風習もすでに絶え果てて、今は男女同権の世の中であります。男尊女卑などというのは、やんごとない人や上流階級の話でありまして、食うや食わずの庶民は夫婦そろって労働しなければならないのは当然であります。密かに思うのは、権力者のお嬢様がけっこう政治性を身に付けている場合に、ろくでなしで根性なしの兄貴や弟君には任せておけない、私に権力を譲りなさいという話があって、これが男女平等を標榜する場合の肝心かなめ、キモ画像の所でありましょう。世の中、スローガンだけでは事の本質は分からないものなのであります。「平和が第一」という場合も、誰にとってのどういう利益を言っているのか、ということが重要でありまして、テロリストだって「平和が一番」と口にできるのであります。

ユキヤナギが光る。

戦後すぐに大学に入学して、やがて就職をして、世の中の最前線で大活躍の女性を集めてインタビューしたことがありまして、それで分かったことは、子育ては母上にお願いしていたという秘密でありまして、男と肩を並べて頑張る陰には、代わりに育児をするお母さんがいたのであります。今は、その母が当てにならないので、さあ大変ということなのでありましょう。学校というのは、ある意味浮世離れをしておりまして、昔から女性が先生をして平等を実現して来た場所でありますから、子どもはそれが世の中の姿だと思って成長しますが、就職して男社会が聳え立つのを見て驚くのでありましょう。男女差別だけじゃなくて、出身地域や家庭環境や経済力でだって、けっこう差別があるはずなのに、そういうことには目をつぶりがちであります。金持ちの娘で、何不自由なく育ち、パパもけっこうえらいと、残っているのは男女差別の壁だけなんであります。貧乏で、不如意に暮らし、勉強しか取り柄がない場合、男も苦労しますが、女性はもっと苦労するのでありましょう。天は人の上に人を作り、男の下に女を作り、貧乏人の上に金持ちを作ったんですが、そうじゃないという人が昔いたらしいのであります。

   人は人が作るんでありますから、天は作らずは真理かも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック