Quick and meat quick at work.それも芸の内。(2)

我が家の庭の奥にあるユキヤナギがすべて散りまして、季節は春たけなわでありますが、ツツジが咲きまして、そのだいだい色や赤い色、紅色を見ていると、なんとも心躍るわけであります。今年も残念なことに水仙が花を付けませんでした。球根の処理の仕方があるようですが、そう言うことには疎いのであります。タムケヤマという楓は若葉が揃いまして、緑ではなく臙脂色でありまして、えんじ色というのはああこう書くのかとキーボードの変換によって教えられたりするのであります。

まもなく10連休が来るらしいのでありまして、もはや休日を作るのが当たり前になり過ぎて、感覚がマヒしているようであります。10日と言っても、一週間に3日でありますから、週の中で2回連続で休日というのが発生するのでありましょう。皆困っているだろうと想像できます。学校だと、学期が始まって一か月未満でありまして、そこに休みがかぶさると、いろいろ支障が出ることでしょう。この10年くらい月曜休みが急増したので、たとえば大学なんかはもう休日を無視するようであります。社会生活への迷惑を考えない10連休は、誰が決めて誰が実行するのか、本当はマスコミが追及すべきですが、あの業界の方はゴールデンウィークに合併号を出すとか、夕刊を取りやめるとか、そういう対策を昔からしていて、どうも大歓迎なのかもしれないのであります。

数日前まで寒かったわけで、日中の最高気温が10度に満たない日があったばかりなのでありますから、ほんの少し前まで真冬だったのであります。それがまあ、本日は半袖短パン、靴下を脱いで寛いでおります。やっぱり、寒いか暑いか、そういう極端な状況でありまして、春とか秋は名ばかりなのであります。年間の気温の推移などを見ていると、4月25日から夏、10月25日から冬というのが私の住むあたりの状況でありまして、春と秋はその切り替わりの前後二週間ぐらいかもしれないのであります。年々寒さを厳しいと実感するのでありまして、ついに今年は冬のパジャマを重ね着いたしまして、さらにもこもこの靴下を二枚重ねにするという防寒対策に走りまして、やっとしのいだ感じであります。本気で体を鍛えないと、冬は身動きができなくなりそうであります。

YouTubeのコンテンツがちょっと変質しておりまして、割とよく考えて構成されたYouTube向けの専用番組が増えたような気がいたします。つまり、それほど需要のない渋い内容に関しても、若い人がきっちりと作るようであります。むかしは、CDの曲をそのまま掲載するとか、テレビ番組を一部分載せるなんてことでしたが、どうしても二番煎じだったのであります。ところが、ここのところ見ていなくて、また見るようになったら、結構見ごたえがあるコンテンツが増えております。長さもほどほどにして、ゆるい内容だったり、ほどほどの落ち着いたナレーションだったりするわけで、ちょっと息抜きに見るのにちょうどよいところに落ちて来たという感じなのであります。たとえば、パソコンの速度を早くする裏技なんてのが、たくさんアップされているようで、お蔭で快適に操作できるようになりました。

どうやら、Windows10になったときに、いろいろと便利な機能を標準装備したのが仇となりまして、速度が遅くなっていたのであります。初期設定をすべてオフにすると反応がめちゃめちゃよくなることがわかりました。だって、ウインドウの右わきに出て来るスクロールバーを普段隠す必要がありますか? 見えなく、細くなっているのでありまして、マウスが近づくと太くなるんであります。いつの間にかそうだから、あきらめておりましたが、なあんだ、余計なことを仕込んでいたのかとわかったのであります。みんな困っているのでありますが、さて開発者はいいことをしたと思っているのでありましょう。

  改悪しているということは、実態は沈滞ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック