Variety is the spice of life.いろいろあるね。(3)

キラキラネームというのが話題になって久しいわけで、よその子供の名前を覚えようとしたら、音訓がごちゃ混ぜだったり、妙な当て字だったりして、読み方を教わっても、まったく記憶できないなんてことが当たり前であります。今時は、「〇〇男」とか「〇〇子」などと言う名前はほとんど見かけないわけでありまして、まれにあると有名人の名前をあやかっている時だけなのであります。「〇〇子」の場合は、皇族方の名前をパクっていたりしますので、漢字一字に「子」を付けていて、その上漢字の読みは一音だったりするのであります。「和子」と書いたら、昔は「かずこ」さんだったんでありますけれども、今時なら「わこ」さまとなるわけでありましょう。時代の風潮というものによって、はやり廃りがあるのは致し方ないのであります。

じゃあ、昔はちゃんとしていたのか、ということを考えてみると、昔だってとんでもないところはあったわけで、今の時代がおかしいと本当に言えるのかどうか、分らないのであります。数年前に携帯会社を変更しまして、携帯ショップに行って解約の手続きをしに行ったことがありましたが、その時に店員にこのお名前は何と読むのですか? と聞かれて驚いたことがありました。自分の名前というのは、ごくごく普通のポピュラーな名前だと思っていたのでありますが、問われてはたと気が付いたのは、日常生活ではその漢字はまったく使われなくなりつつ有り、せいぜい漢字の熟語の中で音だけが知られている程度だったのであります。つまり、普通の学校教育を受けていたら、自分の名前は読みようがないのであります。そういえば、この名前ってもうなくなった往年のスターの名前でありまして、その人を知らなければ、もはや若い世代にはまったくなじみのない名前ではないかい、と気付かされました。併せて、うちの親が適当に有名なスターの名前を、兄弟・親戚とは何の脈絡もなく付けていたのではないかと疑問が涌いたのであります。

若い時にお世話になった師匠の所では、適当な漢字一字を選びまして、その下に生まれた順番に「一」「二」とつける流儀だそうで、なるほど、師匠は「〇一」で、その弟さんは「▲二」となっていて、さらに息子さんは、「◇一」「◎二」となっていて、なるほどねというような具合だったのであります。これも今時のキラキラネームではもう見かけないのでありまして、男の子なんか、みんな「シュー」とか「レオ」とか「ジョン」でありまして、そこに奇想天外な当て字がしてあるのであります。兄弟の順番が分かるような仕掛けというのは、子だくさんの時代の知恵でありましょうけれど、今時のこじゃれた呼び方だけを優先して、不気味な当て字を振りかざすのも、付けている人には自分の知恵を見てほしい、感じてほしいという欲望がありそうであります。その結果、情ない教養が歴然とするおまけ付きでありまして、どう取り繕っても隠しようもないのであります。

今まで生きていた中でびっくりしたのは、漢字の「一(いち)」を二つ並べた名前で、読み方はここでは控えます。それから漫画の主人公をそのまま持って来た「無用の介」、この方お元気ですか? それから、たぶん親は「妖精」にあやかろうとして、どちらか一文字に「子」を付けたんでありますけれども、その子が思春期になった時には恨まれたことでしょう。いろいろあるものであります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント