Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(5)

どうも世間では緊急事態宣言に伴って、みなさん外出を控えているようであります。もともと外にあまり出ない私にとっては、どうなっているかさっぱりわからないのであります。ところで、12月20日くらいにコロナの現状について考えまして、出た結論はPCR検査者数に対して、陽性の人というのがだいたい5%くらいである、とわかりました。そしてまた、陽性の人…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(4)

不思議なことではありますが、このブログにも外部からのアクセスが、一応毎日のようにあるようです。大昔のある日付経由でアクセスする人もいるようですから、その頃にこのブログが目が留まってお気に入りに入れたものだから、時々そこから開いて見るような具合なのかもしれません。5年くらい前までは、ちょこちょこコメントする人もいましたが、さすがにもう時代…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(3)

正月の初夢にちなんで夢の話を書いたのでありますが、その後さっぱり夢なんか見ないのであります。あるいは睡眠の途中で夢を見ているけれども、記憶に残らない夢だったのかもしれません。昼寝をしても、夜普通に寝ても、ふっと起きるのでありますが、念のためトイレに行ってみるとちゃんとおしっこが出まして、どうやら尿意を知らせるために脳みそが身体を起こすよ…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(2)

昔見た夢で強烈だったのは三つほどありまして、それ以上にインパクトのある夢はその後は見たことがないのであります。だいたい近頃は、夢自体が薄いというか、おぼろというか、夢を見ながら興味を持たないということが多いのであります。起きてすぐに忘れてしまうのもほとんどでありまして、幸せなのか、それとも老化による不幸なのか、それもまた判然とはしないの…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream.夢で逢いましょう。

いつ見た夢を初夢というのか、詳しくは知らないのであります。元旦に寝て二日の早朝に見たのが初夢だと覚えておりますが、果たして本当なのか。子供のころから疑念が消えません。はっきり言うといかがわしい俗説だろうと思うのであります。ついでに、「一富士二鷹三茄子」というような言い方で、めでたい夢の内容を序列にするのでありますが、そんなものは夢に出て…
コメント:0

続きを読むread more

Magic to move the immovable.浮遊術の心得。(9)

さてさて、動かないものを動かすにはどうしたらいいかというようなことを考えているうちに、年が明けてしまいました。今朝はぐっと冷え込んで氷点下でありますが、日中は普段の冬の昼間の温度に達しまして、その気温差は15度ありますので、気温は低いのですが体はとても快適、正午前後に部屋のカーテンを開けて陽光を浴びながら寝てしまいました。暖房なしで…
コメント:0

続きを読むread more