Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(7)

ボーと生きております。 偏差値を計算していたら、基本的な引き算のところで躓きまして、こりゃまずいというので考えたんですが、偏差値の求め方の詳しいサイトは、もっと簡単な数字をあげてあるのであります。そりゃそうだ。リアルである必要はないのであります。ともかく、ここでも単純化して偏差値を考察し直して見ます。 たとえば、10人の生徒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(6)

大晦日にスーパーに鶏のガラを買いに行ったのでありますが、売り場の途中でくしゃみをしまして、なんて間抜けなことよと思ったわけですが、カートを進めていると、ちょうど自分がくしゃみをした位置で、やはり誰かが「ヘクション」とやっているのであります。さて、元旦の本日になって、妙な全身の皮膚のざわざわ感が生じまして、ようやく気が付いたのは、もう花粉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ聞きたい 和久井映見名曲選(5)

歌手としての和久井映見さんを発見してから、半年がたちましたが、シングル全26曲にアルバム11枚を聞いていて、まったく聞き飽きないというのはちょっと不思議でありますけれども、そうやってヘビーローテーションで聞いて来た歌手が少しはありますのでいまは和久井映見さんの歌声がマイブームということなのであります。NHKの朝の連続ドラマというのは、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(5)

寒くなりました。昨日の夜明けに住まいのあたりが氷点下になったようで、本日は外に出たら手がかじかみましたので、ようやく冬がやって来たということのようです。むかし、冷害だった年には10月の半ばからコートの要るような寒さだった年もありますが、今年は秋が長かったような印象であります。電気とガスの検針票が昨日ポストに入っておりましたが、見てみたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(4)

寝耳に水と言うか、驚天動地のニュースが流れてきたんですが、それは今までニュースでたまに聞く人の逮捕という一報ですから、何がどうなっているのか、訳が分からないわけであります。 柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺 金隠せば 罪に成るなり シー・イー・オー 酔ひもせず 色は匂へど 散りぬるを 音もせず カタバミ匂ひて 咲き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(3)

毎日の生活が忙しかったりすると、ストレス解消の意味もありましてブログを書いたりするのでありますが、毎日が暇だとブログを書くことがストレスでありまして、こうして何週間も書かなかったりするのであります。忙しい合間に思うことを述べるのはストレス解消でありますが、暇なのに敢えてひねくれたことを考えるのは割に合わないのであります。最近知った言葉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(2)

台風が夏から秋にかけて猛威を振るいまして、その上、厚真町の地震被害なども重なったわけで、日本を一つの塊として意識すると、てんやわんや、気が落ち着かないのであります。古代の国家と言うことを考えると、「クニ」という日本語は恐らく狭い範囲でありまして、王様が高い山に登って見渡せるくらいのものでありましょう。律令国家の場合は66か国と言っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聞きたい和久井映見 アルバム名曲選(4)

敬老の日に、老人の家を訪問しまして、親戚と久しぶりに談笑したんでありますが、そのなかで甥っ子の一人がミュージシャンになっているらしいと聞きまして、嘘だろうと思いました。どこをどう探っても、音楽に携わる家系ではないわけで、そりゃあずいぶん無理があると思ったのであります。それでも、名前を検索すると関わったアルバムもあるし、Twitterでど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。

どうやら、スポーツ界が激震状態のようでありまして、話題にならない種目でも、恐らくは同じようにてんやわんやしているのではないかと憶測いたします。ちなみに、ハーフであるとかクオーターの選手が活躍している種目もありまして、日本人のカテゴリーが揺らぎまくっているのであります。 考えて見ると、子どもの頃のテレビの世界には、外人やハーフなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(9)

10年くらい前に膝を傷めまして、病院に駆け込んだわけですが、医者が言うには回復不能だそうでありまして、老齢化によるものだという見立てでした。にもかかわらず、ヒアルロン酸注射を施されまして、言うこととやることがバラバラですから、おそらく薮医者だったのでありましょう。ちゃんとランニングなどをしていて、別に体重増加もしていなかったので、原因は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(8)

必要があってメールアドレスを点検していましたら、何だかとんでもないことになっていたのでありまして、あれこれ調べてみたら、使っていなかったメールアドレスが出て来たのであります。それも一つや二つじゃない。でも100っていうわけでもない。こちらの不注意もあるのでしょうけれど、仕事で使うメインのアドレスのほかに、趣味の方面で必要な場合もあったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴きたい薬師丸ひろ子 アルバム名歌選(2)

⑤ 『Sincerely Yurs』(シンシアリー・ユアーズ)1988/4/6  (2) 「DISTANCE」       作詞・作曲;薬師丸ひろ子 編曲;新川博 ♪遠くから見守っていたい あなたの喜び 哀しみ ※実体験なのかと、ちょっと余計な想像をふくらませてしまう一曲であります。もちろん、作詞というものはそんなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴きたい薬師丸ひろ子 アルバム名歌選(1)

最近もアルバムを出したり、コンサートを開いたりと、歌手活動の盛んな薬師丸ひろ子さんでありますが、もともとは映画館を満員にしたアイドル女優であります。数年前にNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で、高飛車な大物女優の役を演じまして、宮藤官九郎さんの脚本では「歌が下手」というのが大事なネタでありました。もちろん、実はめちゃめちゃ歌がうまく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(7)

先日ゴールデンタイムに茶の間におりまして、何か楽しい番組はないかと探しましたが、これがなかなかしっくりこない物ばかりでありました。懐かしい歌謡曲を歌手が歌うという番組がありまして、これならと周りが勧めますが、さて顔ぶれを眺めたら、確かに昔の人気歌手がてんこ盛りでありますけれども、首をひねってしまいまして、一曲聴いている途中で、私ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴くべき斉藤由貴 アルバム名曲選(3)

⑪ Christmas Night(クリスマス・ナイト)    作詞;斉藤由貴 作曲;岡本朗 編曲;武部聡志 ※第6枚目のアルバム「PANT(パント)」(1988年3月21日)の5曲目。ベストアルバム「ヴィンテージベスト」(2008年6月18日)の9曲目にも。1988年11月21日にクリスマスカード付でシングル発売されたが、これ一曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴くべき斉藤由貴 アルバム名曲選(2)

⑥ 12月のカレンダー    作詞;森雪之丞 作曲;岡本朗 編曲;武部聡志 ※第4番目のアルバム「風夢」(1987年4月21日)の5曲目    ♪今も壁からはずせない カレンダー アルバムの13曲中に斉藤由貴さんの作詞が5曲もありまして、だとすればアルバム制作の企画段階からしっかりと食い込んでいるわけで、歌わされていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴くべき斉藤由貴 アルバム名曲選(1)

言うまでもなく80年代アイドルを代表する女優さんでありますが、おそらく今もファンは多数いるはずでありまして、その証拠にラジオで毎週パーソナリティを務めていたくらいであります。実は彼女が降板した後、ラジオ局のアナウンサーの方が交替で埋めたんですが、2時間ばかりの間に10曲くらいの音楽を流すという内容でしたが、台本はしっかりと用意されていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(6)

家具屋さんの話題が時々ニュースに出るんですが、実は娘さんの社長の肩を持つ記事や、その反対にお父さんの肩を持つ記事があったりして、なんだかよく分からないのであります。娘を後継に据えたけれど、経営権を巡ってバトルしたり、負けた父の方が気に入らないので別の会社を立ち上げたなんてこともありまして、そうしているうちにもう倒産だとか身売りだとか、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 アルバム一覧

1990年代に和久井映見さんのアルバムは12枚出たようであります。Wikipediaでは、11枚目までは載っておりますが、12枚目が抜けておりますので、念のため記しておきたいと思います。すべて、株式会社ポリスターから発売されたものです。 ① 1990.7.21 CD:PSCR-1006         FLORA(フローラ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聞きたい和久井映見 アルバム名曲選(3)

⑧ むかえにこないで     作詞;戸沢暢美 作曲;楠瀬誠士郎 編曲;門倉聡 ※第6番目のアルバム「PEARLY(パーリー)」の2曲目。第7番目のアルバム「あなたがわたしにくれたもの」の7曲目にも。 ♪むかえにこないで むかえにこないでいて 大切なことを決めてるところ なんとなくでありますが、和久井映見さんサイドの狙うター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more