テーマ:夏休み

In the tub we soak until neck. どっぷり浸かる。(9)

本日は暑いところをご訪問下さりまして誠にありがとうございます。わざわざ来たというよりは何かの間違いでうっかり来てしまったことでしょうけれども、これも何かの縁、よろしくお願い致します。さて、本日は旧暦なら六月みなづきの晦日でございます。旧暦六月の三〇日、月末なのでありますが、ご存知でありましょうか。旧暦の場合は四月五月六月が夏でありますか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

In the tub we soak until neck. どっぷり浸かる。(8)

夏休みもそろそろ終わりが見えてきましたが、行事も一段落して、いよいよ宿題が気になる頃のはずであります。私自身は七月中に片づけてしまう習慣でありましたので、困ったことがないのでありますが。世間を眺めていると宿題は大変のようであります。自由研究と言うのも案外出題されるものでありまして、これがまた親がかりになる、金で買う、いろいろ怪しいもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

In the tub we soak until neck. どっぷり浸かる。(7)

人口が減るので日本はもうおしまいだ、というような話が盛んに出てきまして、どれもこれも今まで通りには行かない、というような意見なのであります。世紀末の予言と同じでありまして、人を驚かして悦に入るという状態だと思えばいいのであります。明るい未来を描いたら笑ってやろうという空気を感じまして、悲観的な条件をあれこれかき集めて未来を暗く描くのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

In the tub we soak until neck. どっぷり浸かる。(6)

考えてみると、学生時代が最も活発でありまして、社会人になってからはまったく新しいことにチャレンジすることがなくなり、この10年に至っては、もはや過去の回想をするばかりで、新しいことに挑戦するなんてことは乏しくなっているのであります。そう書いて見て、これは結構嘘だなと自分で思うのでありますけれども、夏休みを機会に過去を振り返ってみたら、若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

In the tub we soak until neck. どっぷり浸かる。(3)

大学生だった夏休みに、何度か木曽へ出かけまして、どうしてあのころ木曽だったのかということは考えてみてもいいのかもしれません。もうさすがに江戸時代の宿場の情緒というのが消えかけていて、あの山の中に残存しているというのが奇跡だったのでありましょう。都会がコンクリートと鉄とガラスによってつくりかえられた時期でありまして、それに対するストレスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

In the tub we soak until neck. どっぷり浸かる。(2)

お盆の帰省シーズンでありますが、果たしてどれくらい帰省しているものなのか。一斉に帰省するとなれば、鉄道も高速道路も混むのは必至であります。それを承知で帰るから、必死の形相で帰省することになるのでありましょう。ただ、せっかくだからとレジャーにいそしむ人たちと、これは見分けがつかないことでありましょう。団塊の世代が都会に吹きだまって孫やひ孫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(9)

夏休みというのは、地域によって時期がずれておりまして、これはもちろん大学なんかの夏期休暇も大学によって時期はまちまちなのであります。涼しい地方は8月20日くらいから二学期が始まるわけで、これに対して関東地方などは9月1日から始まったりするのであります。両方の地域を行き来しなければ違和感は生じないのでありますが、従兄弟なんかがいる場合には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(8)

高校二年生の夏休みに、今度は自分が伯父を訪ねてみようと思ったのでありまして、平泉の近くに住んでいる母の兄に連絡を付けて、平泉でも見物しようと思ったのであります。途中でちょっと寄り道をして、牡鹿半島の付け根にある女川にも行こうと思いまして、東北本線から石巻線に乗り換えるつもりで切符を買いましたが、最初から躓きました。「小牛田」駅をそのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(7)

さて、高校一年生の時の夏の話でありますが、従兄弟が友人を連れて我が家に宿泊しまして、翌朝、衣料品店を叩き起こして父がジーパンを手に入れ、それを履いてぜひ客人を観光地に案内せよとのご宣託でございました。通学用の学生服のほかはパジャマしかないような男子でありまして、そこに急にあれだこれだというわけですから、これはもうネジが飛んだのでありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(6)

小学校の三年生の時のことだと思うのでありますが、夏休みに同い年の従兄弟が妹を連れて東京から泊まりに来たことがありました。その兄妹は母親を亡くしたばかりでありまして、亡くなったとは聞いていても、詳しい病名などは耳にしたことがないのであります。父親は、父方の叔父でしたが、なかなか夏休みが取れない職業だったので、祖母が面倒を見ていて、一緒につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(5)

ソフトボールというのは今でもありまして、オリンピック種目としては女子が金メダルを取るものという感じであります。隣の親戚の一番大きなお姉さんがソフトボールをしているというので、そのボールをもらったことがありました。5歳くらいの子供を驚かそうと思ったのでありましょう、とてつもなく大きな塊だったのであります。リトルリーグというのは今ではどこに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more