テーマ:歌謡曲

まだまだ聞きたい 和久井映見名曲選(7)

① Shining Day(シャイニング デイ)    作詞;杉山真理子 作曲;中崎英也 編曲;菅原弘明    ※第6番目のアルバム『PEARLY(パーリー)』の6曲目    ♪ともだち以上で 恋人以下の しあわせは オフィイス街のカフェテラスのお昼休みの情景でありまして、たぶんOLをしている女性の気分を歌った歌であります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ聞きたい 和久井映見名曲選(6)

さて、和久井映見さんのアルバム曲をあれこれ取り上げて紹介しているわけでありますが、気が付くと残っている曲は10曲足らずでありまして、それを最後までやるかやらないか、というところまで来たのであります。そう言えば、世の中は受験シーズンでありまして、昨年はいくつもの大学で不正が暴かれて大変でありましたが、不正があるのが世の中で、それでも時は流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zeal has wings.熱しやすく冷めやすい。(3)

年が明けてからも寒い日が続きまして、ちっともゆるむ気配がないというのが不思議であります。夏が暑いんだから、ちょっとは暖冬になってほしいのでありますが、夏は暑く、冬は寒い、とてもすばらしい気候の中に暮らしているわけであります。ほんの数年前まで、冬でも下着は半袖を着てその上にパジャマで平気だったのでありますが、耐えられなくなって長袖を着るよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ聞きたい 和久井映見名曲選(5)

歌手としての和久井映見さんを発見してから、半年がたちましたが、シングル全26曲にアルバム11枚を聞いていて、まったく聞き飽きないというのはちょっと不思議でありますけれども、そうやってヘビーローテーションで聞いて来た歌手が少しはありますのでいまは和久井映見さんの歌声がマイブームということなのであります。NHKの朝の連続ドラマというのは、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(2)

台風が夏から秋にかけて猛威を振るいまして、その上、厚真町の地震被害なども重なったわけで、日本を一つの塊として意識すると、てんやわんや、気が落ち着かないのであります。古代の国家と言うことを考えると、「クニ」という日本語は恐らく狭い範囲でありまして、王様が高い山に登って見渡せるくらいのものでありましょう。律令国家の場合は66か国と言っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聞きたい和久井映見 アルバム名曲選(4)

敬老の日に、老人の家を訪問しまして、親戚と久しぶりに談笑したんでありますが、そのなかで甥っ子の一人がミュージシャンになっているらしいと聞きまして、嘘だろうと思いました。どこをどう探っても、音楽に携わる家系ではないわけで、そりゃあずいぶん無理があると思ったのであります。それでも、名前を検索すると関わったアルバムもあるし、Twitterでど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴きたい薬師丸ひろ子 アルバム名歌選(2)

⑤ 『Sincerely Yurs』(シンシアリー・ユアーズ)1988/4/6  (2) 「DISTANCE」       作詞・作曲;薬師丸ひろ子 編曲;新川博 ♪遠くから見守っていたい あなたの喜び 哀しみ ※実体験なのかと、ちょっと余計な想像をふくらませてしまう一曲であります。もちろん、作詞というものはそんなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴きたい薬師丸ひろ子 アルバム名歌選(1)

最近もアルバムを出したり、コンサートを開いたりと、歌手活動の盛んな薬師丸ひろ子さんでありますが、もともとは映画館を満員にしたアイドル女優であります。数年前にNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で、高飛車な大物女優の役を演じまして、宮藤官九郎さんの脚本では「歌が下手」というのが大事なネタでありました。もちろん、実はめちゃめちゃ歌がうまく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(7)

先日ゴールデンタイムに茶の間におりまして、何か楽しい番組はないかと探しましたが、これがなかなかしっくりこない物ばかりでありました。懐かしい歌謡曲を歌手が歌うという番組がありまして、これならと周りが勧めますが、さて顔ぶれを眺めたら、確かに昔の人気歌手がてんこ盛りでありますけれども、首をひねってしまいまして、一曲聴いている途中で、私ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴くべき斉藤由貴 アルバム名曲選(3)

⑪ Christmas Night(クリスマス・ナイト)    作詞;斉藤由貴 作曲;岡本朗 編曲;武部聡志 ※第6枚目のアルバム「PANT(パント)」(1988年3月21日)の5曲目。ベストアルバム「ヴィンテージベスト」(2008年6月18日)の9曲目にも。1988年11月21日にクリスマスカード付でシングル発売されたが、これ一曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴くべき斉藤由貴 アルバム名曲選(2)

⑥ 12月のカレンダー    作詞;森雪之丞 作曲;岡本朗 編曲;武部聡志 ※第4番目のアルバム「風夢」(1987年4月21日)の5曲目    ♪今も壁からはずせない カレンダー アルバムの13曲中に斉藤由貴さんの作詞が5曲もありまして、だとすればアルバム制作の企画段階からしっかりと食い込んでいるわけで、歌わされていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聴くべき斉藤由貴 アルバム名曲選(1)

言うまでもなく80年代アイドルを代表する女優さんでありますが、おそらく今もファンは多数いるはずでありまして、その証拠にラジオで毎週パーソナリティを務めていたくらいであります。実は彼女が降板した後、ラジオ局のアナウンサーの方が交替で埋めたんですが、2時間ばかりの間に10曲くらいの音楽を流すという内容でしたが、台本はしっかりと用意されていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 アルバム一覧

1990年代に和久井映見さんのアルバムは12枚出たようであります。Wikipediaでは、11枚目までは載っておりますが、12枚目が抜けておりますので、念のため記しておきたいと思います。すべて、株式会社ポリスターから発売されたものです。 ① 1990.7.21 CD:PSCR-1006         FLORA(フローラ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聞きたい和久井映見 アルバム名曲選(3)

⑧ むかえにこないで     作詞;戸沢暢美 作曲;楠瀬誠士郎 編曲;門倉聡 ※第6番目のアルバム「PEARLY(パーリー)」の2曲目。第7番目のアルバム「あなたがわたしにくれたもの」の7曲目にも。 ♪むかえにこないで むかえにこないでいて 大切なことを決めてるところ なんとなくでありますが、和久井映見さんサイドの狙うター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聞きたい和久井映見 アルバム名曲選(2)

③ 挑発的なダンス     作詞;康珍化 作曲;羽田一郎 編曲;門倉聡 ※第2番目のアルバム「LUNARE(ルナーレ)」の4曲目 ♪見つめたり もつれたり ねじれたり ダンスで踊っている二人という歌詞でありまして、このアルバムの1曲目「カサノバ・サーカス」の同工異曲であります。ギターの音色で始まったり、中華風の節回しがあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ聞きたい和久井映見 アルバム名曲選(1)

歌は世に連れ、世は歌に連れ、という言葉がありまして、なるほど名言であります。そう言えば、子どもの頃には「一週間のご無沙汰でした」という司会者の名セリフで始まる「ロッテ歌のアルバム」という番組がありまして、そこで流行歌を聞く、スターを見るというものでした。その後、「スター誕生」というオーディション番組がはやりまして、そこから中三トリオなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 アルバム名曲選(3)

⑧ 雨の日に電話して      作詞;康珍化 作曲;羽田一郎 編曲;門倉聡 ※第3番目のアルバム「なぜ愛してるふりをするの」の5曲目。第4番目のアルバム「ふたりは夢であいましょう」の10曲目にも。 ♪髪の形が少し変わったわ だけどそれだけ *ハワイアンのような軽いリズムの歌でありますが、別れた彼に対する未練を語っております…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 アルバム名曲選(2)

さて、秘密の花園の紹介であります。こんなお花畑が広がっていようとは、思いもしませんでした。桧枝岐方面から山を越えて入り込む、水芭蕉の咲く尾瀬の湿原の木道のような感じであります。行ったことがない? まあ、たとえるなら天国でありましょう。ぜひ、長蔵小屋でコーヒーでも飲んでください。 数字は単に紹介の順番です。♪は、曲の中で聞き所と思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 アルバム名曲選(1) 

和久井映見さんのシングル曲をあれこれ評してみましたが、デビューから8年間の足跡をたどってみると、全26曲から感じたことを言語化してみて、いくつか面白いことが見えて来たような気がします。歌い手ご本人の音楽の嗜好であるとか、1990年代にアイドルを売ろうとする制作側の意図だとか、そう言うことでありますが、それは素人考えで勝手に述べたものであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 シングル レビュー 一覧(3)

⑨ 94・11・2  〇 赤と緑のリボン        作詞;康珍化 作曲;柴野繁幸 編曲;門倉聡 ※テレビ東京系「TVチャンピオン」エンディング・テーマ *この曲も、第8番目のアルバム「愛しさのある場所」に収めれています。ここからは、シングルで発売される曲のテイストが似たり寄ったりと言うか、ある意味安定してしまいますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 シングル レビュー 一覧(2)

⑤ 92・10・25  〇 抱きしめたいのはあなただけ        作詞;戸沢暢美 作曲;林哲司 編曲;鳥山雄司 *この曲は、第5番目のアルバム「だれかがあなたにキスしてる」にそのまま収録されていますが、編曲を変えて第6番目のアルバム「パーリー」に再録されています。シングルバージョンは、最初にサビの部分が入りますので、胸い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 シングル レビュー 一覧(1)

今さらと言う感じではありますが、せっかくだから、聞いてみた感想を述べてみようと思います。評価を10点満点にして分かりやすくするというのは、「歌謡曲の砦」というサイトhttp://wagamamakorin.client.jp/kayou-main.htmlの真似ですが、そのままでは芸がありませんので、評価の基準を自分なりの言葉で示します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 シングル 一覧

和久井映見さんが1990年代に出したシングルレコードについてレビューを掲載しようと思っていますが、とりあえず簡単なデータを紹介したいと思います。調べましたがシングル13曲とそのカップリング曲についてまとめたものは存在しないようです。 ① 90・1・1   〇 マイ・ロンリイ・グッバイ・クラブ        作詞;康珍化 作曲;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(5)

和久井映見さんを歌手として発見したのでツイートしたが、それをまとめてみました。 女優の和久井映見さんは、90年代に歌手としてオリジナルアルバムが7枚、ベストアルバムが5枚も出ていたようだが、まったく気付かなかった。ただ、「うまいんだなあ、これが」というような絶妙な歌唱。 Amazonのプライムミュージックの、企画ものの中に和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

If you stand, walk right now.切なる親心。(4)

ネットのニュースサイトを見ていたら、狭い部屋のニュースがあって、どんなものかと覗いて見ましたら、まあこれが驚愕ものであります。玄関を入って3畳しかないという話なんですが、そこは別に驚くほどのことではないのであります。ロフトが付いていてそっちは4畳ある、という点が驚きの第一点。次なるポイントは湯船なしのシャワー付きということで、ああそうか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

If you stand, walk right now.切なる親心。(2)

スケートのマススタートという新しい種目を見ておりまして、何じゃこりゃというような途中経過でありますが、決勝に進んだ高木菜那選手の最終コーナーでの逆転劇をLiveでしっかり見てしまいました。一方、イギリスとの銅メダルを掛けたカーリングは、もうこりゃあ心臓に悪いので、入浴しまして、風呂の中では去年不倫で追及されていた元アイドル歌手の女優さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Better late than never. 亀の歩みでもかまわない。(3)

夜の帳が下りましたので、雨戸を閉めようとしておりましたが、隣の家から妙に明るい光に照らされて何だろうと見て見ましたら、これが折しも空に昇った月でありました。本日は旧暦の11月の16日なんですが、実は本日が満月でありまして、なるほど、ひょっとしてスーパームーンでありましょうか。異様に明るくて、金色に輝いておりまして、尋常な明るさではないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。

過去の夏休みの記憶を辿ったら、山奥の温泉旅館に父親と二人で泊ったことがありました。マコロンを食べた後で、夕飯が出たのかどうかは記憶にありませんが、ひょっとするともう9時とか10時だったのかもしれないのであります。不安に思った記憶はありませんので、父親はうまいこと子供に分かるように説明していたのかもしれません。朝起きると旅館は霧の中であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I am not much of a night owl. 早寝早起き。(4)

ゴールデンウィークも結構ですが、新年度が始まって一ヶ月目の不規則な休日というのは改善しないものでありましょうか。変だなあと世間も思っているでしょうけれども、決まったものはしょうがないのであります。しょうがないからしょうがないだけで、誰もありがたがっていないのであります。休日の問題は世間の目に触れないところで決まっておりますから、一度休日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

He got thoroughly domesticated.家庭人になる。(5)

同世代、もしくはちょっと上の世代のブログを読んでおりますと、もはや病院通いは当たり前でありまして、記事には時々体調が不調であるというような記事が出てきまして、さらには毎日のように書いているブログをお休みするというお断りが出てきたりします。もう10年くらい前ですが、ある昔のアイドルのことが気になって、グーグル検索を掛けまして、出てきたサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more