テーマ:

Take a anti-crime measures.備えあれば患いなし。(8)

えらく寒いという気がしまして、ニュースでは長野県が氷点下10度などという話であります。じゃあここはどうなのかとウェザーニュースを見て見ますと、最低気温は4度台、最高気温は14度台でありまして、真冬ほどではないのでありますが、この30年くらいの平均で見てみると、3月下旬の気温でありますから、2週間くらい前の日中の気温変動なのであります。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Take a anti-crime measures.備えあれば患いなし。(5)

春本番であります。最低気温が9度、最高気温が22度と言うことでありまして、寒い冬を過ごして来た体には、非常に暖かく感じるのであります。ただ、最低気温の9度と言うのは、布団の中ならしのげますが、普通の格好では無理でありまして、ほんの少し暖房が要りそうであります。真冬なら9度が最高気温のあたりでありまして、昼間にちょっとだけ暖房を止めてもい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Take a anti-crime measures.備えあれば患いなし。(4)

今年は、何だか桜を勇んで見に行こうという気持ちがあまり起きないのでありまして、花見などということも、自分の中で断捨離できてしまったのかもしれません。考えて見れば、世界遺産なんてことが言われ出しまして、要するに金持ちが海外旅行する時の目安でありまして、何となく安直で裏がありそうな気がするのであります。よって、富士山だ、製糸場だ、それだこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I congratulate it sincerely.心からおめでとう。(8)

桜が満開ですが、せっかくの盛りの桜なのに、風は強いし、結構寒いし、ということで、本当にご近所の桜並木を車の助手席に座って見て参りました。よって、今年のお花見は所用時間10分もないわけで、まあそれでも大満足なのであります。花粉もしっかり出ておりますから、花粉症の症状を発症する可能性を抱えて外に出るわけにもいかず、本当にスギ花粉を撲滅してほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I congratulate it sincerely.心からおめでとう。(7)

いろんなニュースがあるんですけれども、腑に落ちない事件と言うものはいろいろもやもやするものでありまして、世間をにぎわせるのであります。見るからにベタな内容の事件もありますが、時代の波を感じさせる不思議な事件もあるわけで、理解するのに時間がかかったりするのであります。千葉大生の起こした事件と言うのは、大学の目と鼻の先に監禁していたというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I congratulate it sincerely.心からおめでとう。(6)

世の中には不思議が満ちておりまして、エイプリルフールの冗談なのかと思いましたが、どうやら不思議な思考回路の人が結構いるものなのであります。教科書会社が採択に関わる校長先生などを東京に呼び出しまして、見せちゃいけない教科書の見本をちらつかせ、その後にお金をどんと渡すのだそうであります。それをもらった人が全国にたくさんおりまして、つまり誰か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I congratulate it sincerely.心からおめでとう。(5)

甲子園の決勝が終わりまして、優勝は奈良の智辯学園でした。きわどい勝負だったようですが、私がテレビ中継を見たのは、実は一回の表裏と、表彰式の途中からでありまして、だったら見ていないのと同じであります。気になるのは、滋賀県の代表校がどうも滋賀の県議に罵声を浴びせられたという話でありまして、「一回戦で負けちまえ」と言ったんだとか。実は壮行会か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Invasive Alien Species Act.一茎の花を挿して。

どうやら25度を超えた所が全国に広がりまして、夏の到来であります。うららかな春の日と言うには、25度を超えるのはやり過ぎでありまして、もう夏がそこまで来ているという感じではございませんか。今朝の最低気温は、この地では7・4度でありまして、残り少なくなったとは言え残れば面倒な灯油をすかさず焚きまして朝の暖とした次第であります。日中の気温は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A innocent story of the sky. あどけない空の話。(4)

今朝の最低気温が3・6度とありまして、これは3月20日くらいの平均でありますから、やっぱり非常に冷え込んだ感じがいたしました。新入社員でフォーマルな格好をしてしまうと、その上にコートを着るのはとても格好が悪いわけで、このあたりの風俗を変えてしまいたいと思うのであります。今の4月は昔の4月じゃありません。まだ冬のまま。ともかく、なかなかう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A innocent story of the sky. あどけない空の話。(2)

本日は4月の11日でありますけれども、旧暦で言いますと3月の2日でありまして、昨日から旧暦では三月弥生に入ったわけでありまして、年にもよりますが桜の散り敷いたあとにやって来る月なのであります。そう言えば、「♪さくらさくら弥生の空は」で始まる歌があったなあと思い出しまして、どうして桜の歌なのに「弥生」が出て来るのか不思議でありまして、古典…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A innocent story of the sky. あどけない空の話。

本日は4月の10日でありまして、そろそろ電車の乗り降りも落ち着いてくる頃であります。渋谷駅の乗り場などが変更になりまして、人の動き、混雑具合などが変化したことでしょうけれども、もうしばらくするとみんな慣れてきまして、妙な殺気も減じることかと思います。やっぱり気になりますのは、中高生の大きなスポーツカバンでありまして、ぜひあれを無くしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The seventh day at spring equinox. 花の盛りは時正の後七日。(9)

近所の公園の桜であります。非常に見事な八重桜と思って見ているんでありますが、狭い敷地にありまして、後にケヤキの大木を背負っているものですから、見栄えがしないというか目だたないというか、これを観賞するのに適した場所がないのであります。もともとケヤキなどが生えている屋敷跡か何かを公園にしたのかも知れませんが、余裕のないサクラの植え方からして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The seventh day at spring equinox. 花の盛りは時正の後七日。(8)

新学期でございますから、いろんな雑事が襲いかかりまして、もちろんちゃんとした行事を雑事などとふざけているわけではないのでありまして、本当に文字通りの雑事なのであります。だいたい、真冬のような天気から初夏の陽気に突入でありまして、また寒くなるのは覚悟の上で冬物のヘビーな衣類を片付けなければならないのであります。冬が寒すぎて、定番の冬の服が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The seventh day at spring equinox. 花の盛りは時正の後七日。(7)

分かったつもりで使っているものを、ちょっとウィキペディアなどによって確認して見ますと、世の中が違って見えて来たりいたします。昨日から低気圧が日本列島を通過しまして、激しい風雨によってもみくちゃでありますが、「風速」というものを手元で時速に改めまして眺めて見ると、ちょっと分かった気になりました。「風速」というのは、単位は1秒当たりに何メー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The seventh day at spring equinox. 花の盛りは時正の後七日。

世間ではもう「爆弾低気圧」とは呼ばないようでありますが、ともかく強い雨風をもたらした低気圧が去って行きました。天気図を見たら台風とちっとも違わないわけでありまして、会社も学校も休みにしてみんなで低気圧の通過を待っていたほうがいいんじゃないのなどと思うわけであります。しかし、1月の成人式の時のように、大がかりな準備のいる行事などが予定され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

As if there were no tomorrow. 明日をなき日と思わせて。(5)

朝起きました時に、ちょっと寒いかなあと思いまして、何となく石油ストーブを焚きましたが、程なく灯油切れを起こしまして、どの石油ストーブも消えていったのであります。今朝の最低気温は、午前8時の6・7度でありまして、これは3月30日の30年平均気温である4・8度よりもわずかに高いわけでありまして、耐え難いほどの寒さではないのであります。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRDMC 涙こぼるるのみ。(7)

あ~あ、昨日に続いて本日も寒い寒い一日であります。「花冷え」なんて言葉がありますけれども、果たしてこれがそうなのかどうか。桜は咲いたが浮かれようもないという気温でありまして、昔からそんなものだったのかも知れません。仲のよかった二人が深い仲になりまして、いわゆる恋人なんでありますけれども、かえってよそよそしくなってしまったりするのと同じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRDMC 涙こぼるるのみ。(6)

今朝のこの地の最低気温は8・3度くらいだったんですが、昼間の最高気温が午後3時でたったの10・2度だそうでありまして、これはもう完全に真冬に逆戻りであります。そして、何と午後6時の段階で気温は8度を切ってしまいまして、今はもう6度を下回ったかも知れません。ダウンジャケットでも着ていないとしのげない気温でありますから、春物をおしゃれに着て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRDMC 涙こぼるるのみ。(5)

あ~あ、何だか寒いなあと思うのでありまして、桜が咲いてなければこの残念な気分はさらさらなかったかも知れません。本日は最低気温が8・3度とあるんですが、1981年から2010年の30年平均で見ると、この時期の最低気温は4・1度とありまして、本日は恨めしくなるほど寒い日ではないのであります。それでも、桜が咲いたと言うからには、お花見には行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRDMC 涙こぼるるのみ。(4)

何だか当ての外れた日曜日でありまして、今朝の最低気温は午前8時の8・6度なんでありますが、正午になっても10・2度とありますので、はっきり言って真冬の気温であります。それでも、地べたに敷物を敷いてお花見をしている人を見かけましたので、こうなると臨機応変とはほど遠い行動でありまして、どうか風邪をひかないで明日からもお元気でと声をかけたくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRDMC 涙こぼるるのみ。(2)

今から二年前といいますと、東日本大震災が起きまして、さらに福島第一原発から放射能が拡散したことによって、首都圏は計画停電を実施していた頃であります。先行きはまったく不透明でありまして、公共の場のエレベーター・エスカレーターをすべて停止し、商業施設の照明をほとんど付けないということで節電して何とかしのごうとしていた時期であります。原子力発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRDMC 涙こぼるるのみ。

いやはや、お花見日和であります。お花見にちょうどよい気温でありますけれども、さて花粉のほうはどうかと見ますと、昨日などに比べたら飛散している量は少ないのでありまして、もしかして終息に向かっているのかも知れません。私の場合は桜が咲いたら花粉症が治まるんでありますが、昨晩は鼻が両方とも塞がってしまいまして、こうなると口を開けて寝ますので、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fixed intention. 確固たるものの如く。(9)

鼻が詰まってしまいましたので、ぼんやりと夕飯後の時間を過ごしているのであります。花粉のあることになれてしまいますと、ついつい対策がゆるくなりまして、シーズン始めのような完全対応が出来なくなるのであります。その結果いつの間にか鼻が詰まり、口だけで息をしておりまして、ただしこの状態は覚醒している時には非常に問題が少ないのでありまして、どちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fixed intention. 確固たるものの如く。(8)

昨日は春分の日でありましたが、春分というのが何だろうかと考えると、実はまったく知らないことだと分かりました。分かっていないことが分かるというのは、何かを認識する第一歩かも知れません。三省堂の『国語辞典』を見ましたら、二十四節気の一つであるとか、昼と夜の長さが同じになるとか、私でも知っているようなことが書いてありまして、社会生活を営む上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A happy married life. 今宵の月を見ぬ里もありけり。

本日は旧暦で言うと10月12日でありまして、こんな時に月を見るというのは寒い思いをするだけでありますから、世間は冬の月を賞美の対象とはいたしません。ところが『源氏物語』の主人公光源氏は冬の月が好きだという設定になっておりまして、それが物語の中で説得力があるのかと言うと、さっぱり無いような事であります。10月の月を見るというのは、『十六夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Forgetting curve. その人の名は忘れた。(8)

今朝八重桜の写真を撮影しておりましたら、いぶかしげに見ている人がおりまして、私を見咎めているのではないようであります。ここに撮影に値するものなんかあったかなあという視線を向けているのでありまして、公園の樹木の間に八重桜が紛れているんですが、どうやら皆さん興味がないようなのであります.非常に小さな公園でありまして夕暮れ時のほんの一時、幼稚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It cause baldness. 若い身そらで禿頭。(8)

今年はどうやらタンポポがきれいな年のようでありまして、一株あたりの葉っぱの数も多いし茎もあまたでありまして、今盛んに黄色い花が咲き誇っております。街路樹の植え込みのあたりを見ると、タンポポの黄色と、ポピーのオレンジ色が目立ちまして、種をまくわけはないので、どちらも自然に種が飛散し、季節が巡り巡って咲いているようであります。 花びら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It cause baldness. 若い身そらで禿頭。(5)

妙なタイトルを付けていてごめんなさいであります。だいたいにおいて、住んでいる場所を考えたら、羊頭狗肉でありまして、羊頭を掲げて狗肉を売っているわけなのであります。たぶん、高原のペンション経営でもしている人のブログかと訪問した人がいたら、そうじゃないんでふざけるなと叱られますから、これまたごめんなさいであります。また、植物の知識が満載のブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It cause baldness. 若い身そらで禿頭。(4)

ツツジの枝にくっついているのは、おそらくハラビロカマキリというカマキリの卵でありまして、昨年の初頭にカマキリ姉妹の最期を見届けましたので、気になってしょうがないのであります。二度の積雪の際に、ツツジにはどっさり雪がかぶりましたけれど、こういう形状ですから、問題なく無事に冬を乗り切ったようであります。何度撮影してもピントが合わないのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It cause baldness. 若い身そらで禿頭。(3)

いい天気だったものですから、昨日は私としてはまあまあの写真がたくさん撮れまして、紹介し足りないなあと思っていたので、今日も使っちゃおうということです。絞りであるとかシャッター速度とか、もうそんなことは考えていないわけで、デジカメ任せでありまして、どうせ昨日と同じアングルの写真を撮るつもりですから、どっちみち同じと言うことであります。まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more