テーマ:記憶

Quick and meat quick at work.それも芸の内。(4)

物の値段というのは、どういうふうに決まるのか、ということを考えると夜も寝られないのであります。じゃあ、考えているんだと思われそうでありますが、いえ、寝られなくなりそうだから、つとめて考えないわけであります。 進学して東京に出てきまして、最初は学生寮に入り、そこから遁走して、兄の厄介になったんですが、しばらくして下宿を探して、アパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zeal has wings.熱しやすく冷めやすい。(9)

日々暮らして行くには、ちょっとした技術が必要でありまして、なかには民族レベルで知恵として受け継がれているものもありまして、知ると知らぬでは大違いだったりします。食べ物の扱いだって、世界的には驚くような保存方法や調理方法があるわけで、知らないと間抜けだったりするのでありますけれども、そう簡単には身につかないものであります。チーズなんてカビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zeal has wings.熱しやすく冷めやすい。(7)

ようやく三月も半ばに来まして、ちょっとだけ暖かいのであります。最も寒い時期には日中の最高気温が10度に届きませんでしたが、このところ15度を超えるわけで、こうなると暑いくらいだと感じたりします。ただ、暑いというのは相対的に感じているだけで、これが秋たけなわの10月ならその気温は寒いのであります。冬の間に体が冬バージョンになりまして、寒く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zeal has wings.熱しやすく冷めやすい。(6)

ひな祭りも終わって、やれやれ世間では年度の終了時期であります。寒いこの時期に卒業式というのも厄介なものでありまして、どうにかできないのかと思ったりいたします。今は体育館でも暖房の効くところはありますけれども、かつては冷凍庫のような体育館で卒業式ということが普通でありました。本当は、全体集会をするための講堂が必要だったんでありますけれども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zeal has wings.熱しやすく冷めやすい。(5)

気が付けば2月も終了でありまして、お雛様を出すのを忘れておりましたから、さてどうしたものか。去年も前の日になって用意しましたが、飾る方の努力に比べて、見る方はそっけないのでありまして、もうそろそろ閉店間近なのであります。要するに親としての仕事も商売のようなものでありまして、あれやこれや揃えて過不足のないように切り盛りをしたのでありますけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ聞きたい 和久井映見名曲選(6)

さて、和久井映見さんのアルバム曲をあれこれ取り上げて紹介しているわけでありますが、気が付くと残っている曲は10曲足らずでありまして、それを最後までやるかやらないか、というところまで来たのであります。そう言えば、世の中は受験シーズンでありまして、昨年はいくつもの大学で不正が暴かれて大変でありましたが、不正があるのが世の中で、それでも時は流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zeal has wings.熱しやすく冷めやすい。(2)

ひたすら寒い毎日でありまして、心の底から地球温暖化という学説を信じてしまいそうであります。あ、いやいや、とてもじゃないが信じようという気にはなれません。一度、寒いのも地球温暖化の結果だというような話を読んだ気がしますが、それならなぜ「温暖化」という言葉を使ったのかじっくりと説明してほしいところであります。1970年代とか80年代には暖冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zeal has wings.熱しやすく冷めやすい。

昨日はさっさと門松をしまいましたが、今日はまた、ボーと生きております。門松は縁起物で毎年買うのでしょうけれど、それは、ほら、お金持ちの特権であります。こちらは、できるだけ節約を心掛けているのであります。 偏差値を計算していたら、面白くなってきましたので、試しに極端な例を考えて、偏差値というものがどういうものか、自分なりに考えを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(8)

今日もまた、ボーと生きております。 偏差値を計算していたら、元旦に基本的な引き算のところで躓きまして、こりゃまずいというので考えたんですが、偏差値の求め方の詳しいサイトはたくさんありまして、もっと簡単な数字をあげてあるのであります。そりゃそうだということで、二日には単純化して偏差値を考察しまして、普通の分布ならグラフの山を50のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(7)

ボーと生きております。 偏差値を計算していたら、基本的な引き算のところで躓きまして、こりゃまずいというので考えたんですが、偏差値の求め方の詳しいサイトは、もっと簡単な数字をあげてあるのであります。そりゃそうだ。リアルである必要はないのであります。ともかく、ここでも単純化して偏差値を考察し直して見ます。 たとえば、10人の生徒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Out of sight, out of mind. 去るもの日々に疎し。(3)

毎日の生活が忙しかったりすると、ストレス解消の意味もありましてブログを書いたりするのでありますが、毎日が暇だとブログを書くことがストレスでありまして、こうして何週間も書かなかったりするのであります。忙しい合間に思うことを述べるのはストレス解消でありますが、暇なのに敢えてひねくれたことを考えるのは割に合わないのであります。最近知った言葉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(9)

10年くらい前に膝を傷めまして、病院に駆け込んだわけですが、医者が言うには回復不能だそうでありまして、老齢化によるものだという見立てでした。にもかかわらず、ヒアルロン酸注射を施されまして、言うこととやることがバラバラですから、おそらく薮医者だったのでありましょう。ちゃんとランニングなどをしていて、別に体重増加もしていなかったので、原因は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。(6)

家具屋さんの話題が時々ニュースに出るんですが、実は娘さんの社長の肩を持つ記事や、その反対にお父さんの肩を持つ記事があったりして、なんだかよく分からないのであります。娘を後継に据えたけれど、経営権を巡ってバトルしたり、負けた父の方が気に入らないので別の会社を立ち上げたなんてこともありまして、そうしているうちにもう倒産だとか身売りだとか、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 アルバム名曲選(3)

⑧ 雨の日に電話して      作詞;康珍化 作曲;羽田一郎 編曲;門倉聡 ※第3番目のアルバム「なぜ愛してるふりをするの」の5曲目。第4番目のアルバム「ふたりは夢であいましょう」の10曲目にも。 ♪髪の形が少し変わったわ だけどそれだけ *ハワイアンのような軽いリズムの歌でありますが、別れた彼に対する未練を語っております…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和久井映見 アルバム名曲選(2)

さて、秘密の花園の紹介であります。こんなお花畑が広がっていようとは、思いもしませんでした。桧枝岐方面から山を越えて入り込む、水芭蕉の咲く尾瀬の湿原の木道のような感じであります。行ったことがない? まあ、たとえるなら天国でありましょう。ぜひ、長蔵小屋でコーヒーでも飲んでください。 数字は単に紹介の順番です。♪は、曲の中で聞き所と思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heute ist der schlimmste Tag.踏んだり蹴ったり。

いろんなことが起きまして、世間ではおちおちブログも書いていられないというような有様であります。普通に小学校に通うのも、お巡りさんが交番で勤務するのも、もう命がけの有様でありますが、まあ、諸行無常、老少不定なのはやむを得ないことでありまして、そういうものを見聞きしながら生きてゆくのが俗世の定めなのでありましょう。さて、サッカーのワールドカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

If you stand, walk right now.切なる親心。(7)

昨日、久しぶりに外出をしまして、ソメイヨシノが開花し始めたのを確認しましたけれども、昨夜からは雨で、数日雨模様ということですから、さて桜がきれいに咲き誇るだろうかと心配になるわけであります。サクラがきれいに咲きそろって、さらに好天が続くというのは案外ないのでありまして、よくまあ毎年毎年、寒空の下で、じめじめした地面に敷物を引いて花見がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

If you stand, walk right now.切なる親心。(4)

ネットのニュースサイトを見ていたら、狭い部屋のニュースがあって、どんなものかと覗いて見ましたら、まあこれが驚愕ものであります。玄関を入って3畳しかないという話なんですが、そこは別に驚くほどのことではないのであります。ロフトが付いていてそっちは4畳ある、という点が驚きの第一点。次なるポイントは湯船なしのシャワー付きということで、ああそうか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

If you stand, walk right now.切なる親心。(3)

外から帰って来た家族が、お月さんが真ん丸だというので、調べてみると本日3月2日は、旧暦正月の15日に当たりまして、暦には満月と書いてあるのであります。昔なら小正月とか何とか言って、女性が休みの日という言い伝えがございました。そんな風習もすでに絶え果てて、今は男女同権の世の中であります。男尊女卑などというのは、やんごとない人や上流階級の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Better late than never. 亀の歩みでもかまわない。(6)

日常生活の何気ない一瞬に、過去のあれこれを思い出すというのは、これは一体どうしたことなのか、不思議であります。記憶がストックされているところが何らかの刺激を受けて、予期していない情景や知人の顔がふつふつと浮かんでくるわけであります。考えてみると、一日起きてから寝るまでの間に、脈絡なく思い出すことが度々あるわけで、時には今していることと関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Better late than never. 亀の歩みでもかまわない。(4)

ようやく雪が降りました。東京・埼玉南部を中心に雪のようでありまして、千葉・神奈川は雨のようであります。栃木や群馬はこれからでありましょう。このまま降れば、久しぶりに10センチくらい積もるはずで、さて首都圏の交通は大混乱間違いなしなのであります。昨日から、天気予報で降るぞ降るぞと言っておりまして、雪国のように備えがないので、転ぶ人、止まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wait for me in the wind. 雲が焼け道は乾くとも。(9)

いやはや、年末であります。夏を何とかやり過ごしまして、秋はそれなりに忙しく暮らしましたけれども、冬が来るのが早すぎて、この尋常ならざる寒さには参っているのであります。耳も遠くなり、目もかすみ、膝がやられまして、それでも生真面目な性分で、あれやこれややらねばならないことをこなし続けているのであります。考えて見れば、昔は55歳が定年でありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wait for me in the wind. 雲が焼け道は乾くとも。(8)

ごく普通に生活していても、世の中の流れを感じることがあるわけで、不祥事のあった会社がいろいろと店舗を閉め、さらにその土地がいつの間にか更地になっているというようなものを目の当たりにいたします。土地が売れた場合には、次の所有者がさっそく土地利用を図りますので、建築許可証というようなものを通りに掲示しまして、基礎工事に入ったりするのでありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wait for me in the wind. 雲が焼け道は乾くとも。(6)

立冬が来たので「冬が来た」と思う人は多いだろうと思うのでありますが、今がちょうど秋たけなわなのではないかと思うのであります。街路樹もこれから紅葉しまして、ようやく今月末くらいになって葉を落とすのであります。関東地方の南部なら、まだ手袋なんて要らないのでありまして、実はそんなに寒くはないのであります。夏の間に身体がシフトしまして、その結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wait for me in the wind. 雲が焼け道は乾くとも。(5)

どうやら、学校が大変のようでありまして、生まれながらの赤毛の人に対して黒く染めろと迫るようです。教員に対しても、部活動に従事せよ、ただし報酬はないぞと命じるようでありまして、死んじゃいそうな学生や死んじゃいたい先生で満ち溢れているようなのであります。子供の頃は、大人は旧弊を墨守する存在でありまして、現代っ子と呼ばれた我々が日本の灯台であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wait for me in the wind. 雲が焼け道は乾くとも。(4)

お墓のことを考えていたら、「土饅頭」という言葉が気になりまして、そうそう「どまんじゅう」と言うのではなかったかと思うのであります。子供のころに墓地に行くと、墓石の立っているお墓よりも、土饅頭のほうが目立つぐらいでありまして、雑司ヶ谷霊園なんかを見ても、たまにそういうお墓があったものであります。竹久夢二のお墓だって、初めて見た時は随分質素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wait for me in the wind. 雲が焼け道は乾くとも。(2)

気が付いたら10月でありまして、毎日更新をしていたブログも間があきました。忙しいのかというとさほど忙しくもないのでありまして、だからこそ日記を記すのが滞るのかもしれません。子供の頃は、大相撲の場所から次の場所へというのが、間がものすごくあいていて、とても遠かったのであります。忘れたころに次の場所が始まるわけで、たまに相撲を見るという気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

In fact, I already have a lover. 今まで黙っていた。(2)

戦争が起きそうな気配でありますが、前の朝鮮戦争というのはどういうものだったか、ちゃんと習ったことがないので、ウィキペディアを使っておさらいをしたいと思います。1948年に成立したばかりの朝鮮民族の二つの国家、大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で、朝鮮半島の主権を巡る国際紛争が生じたのであります。1950年6月25日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I do not mind returning. 峠を越える。(7)

どこかあまり知らないところへ出掛けようと言う時に、昔は都市地図というようなものを持っていて、それを眺めて準備したものであります。若い日にお師匠さんと偉い人に会う時に、師匠が駅前の交番にずいずいと入っていって、お巡りさんに年賀状を見せて、この住所にどう行くのかと聞いた時には、はっきり言って驚いたものであります。お巡りさんに道案内をさせる?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I do not mind returning. 峠を越える。(5)

昔小耳に挟んだことで、今思い出すのは、日本人というのは喧嘩するとすぐに手が出る足が出る、暴力行為に走りやすいということで、それが本当かどうか、確かめようもないのでありますが、これに対してじゃあどこの人が喧嘩早くないのかということであります。日本からすぐのあの地域の人というのは、言葉で散々言い合うそうですが、実力行使はぐっと遅くなるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more