アクセスカウンタ

粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)

プロフィール

ブログ名
粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)
ブログ紹介
さわやかな高原の風を浴びながら、テラスでお茶をのみのみブログを書いてみようと始めましたが、あまりにも気持ちよくて、ちめちめと文章を書くのが面倒でした。ところが、ひょんなことから、平地も平地、海抜数メートルという低湿地帯のほとりに引っ越すことに。家を探したら、ありました。なんとまあ、広々とした庭付きです。住むための条件は、なんと一つ。草むしり。いそしみました。梅雨時から、炎天下の夏休み、そして、木の葉散る秋まで。連日につぐ連日の草むしり、竹箒の掃き掃除。かいあって、「キチョウメン」とのお言葉も頂戴いたしました。そうだ、ここを私の俳号にちなんで粗忽庵と名付けよう。そんなこんなで、タイトルはそのままに、「(周囲に比べればはるかに)高原のテラスで十二ヶ月(粗忽庵日記)」のさいかい、saikai、サイカイ、最下位?、斎戒?、いえいえ再会でございます。あっと、間違えた。再開です。すみません。なお、2016年の新年を機に、タイトルを変更いたしました。変更と言っても、主題と副題を入れ替えただけであります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(9)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(9) 夏休みというのは、地域によって時期がずれておりまして、これはもちろん大学なんかの夏期休暇も大学によって時期はまちまちなのであります。涼しい地方は8月20日くらいから二学期が始まるわけで、これに対して関東地方などは9月1日から始まったりするのであります。両方の地域を行き来しなければ違和感は生じないのでありますが、従兄弟なんかがいる場合には、当然問題になるのであります。同じように一学期が8月に食い込む大学がありまして、その一方で7月初旬から夏休みという大学もありまして、そうなると実質的には6月の末に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 16:53
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(8)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(8) 高校二年生の夏休みに、今度は自分が伯父を訪ねてみようと思ったのでありまして、平泉の近くに住んでいる母の兄に連絡を付けて、平泉でも見物しようと思ったのであります。途中でちょっと寄り道をして、牡鹿半島の付け根にある女川にも行こうと思いまして、東北本線から石巻線に乗り換えるつもりで切符を買いましたが、最初から躓きました。「小牛田」駅をそのまま「こうしだ」と発音したら、駅員にしっかりと「こごた」と直されたのであります。しかしよくよく見ると真ん中の字は「牛」でありまして「午」ではないわけで、こりゃまたどう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 23:28
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(7)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(7) さて、高校一年生の時の夏の話でありますが、従兄弟が友人を連れて我が家に宿泊しまして、翌朝、衣料品店を叩き起こして父がジーパンを手に入れ、それを履いてぜひ客人を観光地に案内せよとのご宣託でございました。通学用の学生服のほかはパジャマしかないような男子でありまして、そこに急にあれだこれだというわけですから、これはもうネジが飛んだのでありましょう。やむなく、急行の停車する国鉄の駅に父に送られまして、切符を購入して、それなりに楽しめそうな観光地を目指したのであります。距離にすると40キロくらい先の乗換駅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 23:51
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(6)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(6) 小学校の三年生の時のことだと思うのでありますが、夏休みに同い年の従兄弟が妹を連れて東京から泊まりに来たことがありました。その兄妹は母親を亡くしたばかりでありまして、亡くなったとは聞いていても、詳しい病名などは耳にしたことがないのであります。父親は、父方の叔父でしたが、なかなか夏休みが取れない職業だったので、祖母が面倒を見ていて、一緒について来たのであります。たわいなく遊んで、帰る日になりましたら、帰りたくないと妹の方が泣いていたような記憶がありますが、どんな遊びをしたのか、さっぱり記憶がないので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 22:22
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(5)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(5)  ソフトボールというのは今でもありまして、オリンピック種目としては女子が金メダルを取るものという感じであります。隣の親戚の一番大きなお姉さんがソフトボールをしているというので、そのボールをもらったことがありました。5歳くらいの子供を驚かそうと思ったのでありましょう、とてつもなく大きな塊だったのであります。リトルリーグというのは今ではどこに出もありますが、当時は影も形もなく、小学校ではソフトボールを盛んにやっていたのであります。小学校6年生の夏休み、選抜チームが地区の大会に出るというので、バスに乗っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 22:17
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(4)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(4) 子どものころ育った場所は高原でありましたから、真夏の最高気温がせいぜい28度くらいでありまして、室内に入ればちっとも暑くなかったのであります。室内で汗をかくという経験は上京してからのことで、まさか夏が暑苦しいとは思わなかったのであります。ともかく、からりと晴れた真夏と言うのは7月の下旬だけでありまして、8月に入ると早くも涼しくなりまして、それとともに川に行って水浴びするのも楽しくなくなるのでありました。隣近所は親の代から住み着いた人たちばかりでありまして、子どもの頃に老人を見ることがなかったので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 22:32
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(3)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(3) 小学生の頃の夏休みというのは、前半、中盤、後半でまったく雰囲気の違うものだったのであります。梅雨が終わって、いよいよ夏休み突入でありますが、まず何日か早起きをしてラジオ体操に行かなければならないのでありました。近所の家が担当していて、ラジオを縁側に用意し、集まった子供がいい加減にラジオ体操を演じてお仕舞いでありました。あっという間に終わるんですが、学校から10時まではお勉強の時間と決められていましたので、しょうがない、「夏休みの友」と称する問題集をせっせとやってみたものであります。10時になると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/06 23:26
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(2)
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。(2) たぶん小学校六年生の夏休みであります。学校から指名されて、いろんな小学校から数人ずつ子供が参加して、キャンプをしてみるという催しでありまして、きっと学校行事として野外活動をさせるためのモニタリングだったのでしょう。聞き分けのよさそうな子供ばかりが選ばれておりまして、自分はともかく、参加する女子は申し分ないと見えました。説明会が役所の庁舎で行われ、事前の持ち物や日程などについても、丁寧に指示されまして、どこまでも気配りが利いていたのは、田舎の教育委員会の立案ではなかったはずであります。おそらく、昔... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 20:14
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。
Happiness is a horizontal line. 胸の奥の風。 過去の夏休みの記憶を辿ったら、山奥の温泉旅館に父親と二人で泊ったことがありました。マコロンを食べた後で、夕飯が出たのかどうかは記憶にありませんが、ひょっとするともう9時とか10時だったのかもしれないのであります。不安に思った記憶はありませんので、父親はうまいこと子供に分かるように説明していたのかもしれません。朝起きると旅館は霧の中でありまして、そのことは覚えていても、食事を食べたのか、温泉に浸かったのか、そのあたりの記憶はないのであります。ひょっとすると素泊まりだったのかもしれないのであります。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 22:13
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(9)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(9) たぶん小学校の二年生の時だったのでありますが、夏休みの終わりに、どこにも旅行に行っていないので作文が書けないと、親に訴えたことがありました。父親は屋根のペンキ塗りをしている最中でありましたが、案外生真面目に応対して、そそくさと準備をして、じゃあお城でも見せてやるかと、オートバイの後ろに小学校二年生を乗せて、80キロくらい先の名城を目指して発進したのであります。だいたい、長い時間子どもが親の背中に縋り付いてバイクに乗り続けていられるのかどうか、余り父親も考えなかったようであります。ただ、バイクが大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/03 23:51
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(8)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(8) 夏休みの思い出というのはいろいろありますが、中学一年生の時のことをふと思い出しました。学校のグラウンドにいて野球をちょっとやってみた時のことでありますが、別に野球部でも何でもなかったので、誘われたか、何か目的があったのかもしれません。ノックを受けたのか、それともキャッチボールの時だったのか、そのあたりの記憶も曖昧であります。ボールをキャッチし損ねて、ボールが下半身の股間に当たったのであります。いわゆる急所でありまして、まあその痛いこと痛いこと。視野がいきなり暗転しまして、もはや尋常な感覚ではなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/02 21:59
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(7)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(7) 去年の今頃はどんなことに自分が興味を抱いていたのかと、一年前の記事を読み返してみましたら、都知事選の話題だとか、オリンピックの話題が出ておりまして、もう一年経ったのかという気分と、まだ一年しか経っていないのかという気分が生じまして、面白いのであります。そういえばオリンピックには小池都知事と安倍首相が登場したんですが、両者ともその時は人気が盤石のような感じでありましたが、首相の方は長期政権の綻びが徐々に出てきたようであります。将棋で言うと、持ち駒の歩をあちこちに垂らされているうちに、いつの間にか劣... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 22:19
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(6)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(6) そういえば、去年テレビを見ていた時に、ヨーロッパで国家が無条件で国民に給料を支払ってはどうか、というような話を取り上げておりまして、なるほどと思ったものであります。今手元に塩野七生さんの『ローマ人への20の質問』という本があったので(買ったのは私ではないような気がします)、それを見ていたら「パンとサーカス」という言葉がローマ帝国にはあって、要するに国家が人民に最低保証をしていたということを検証しておりました。通常は、ローマ市民は国からパンとサーカス、すなわち食料と娯楽が保証されていたという話とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/31 23:52
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(5)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(5) おや、七月も終わりに近づいております。前半はめっちゃ暑かったんでありますけれども、梅雨明け宣言が出たあたりから、何となく雨模様となりまして、梅雨は明けたのではなく、ひょっとすると梅雨の中休みだったのではないかと思います。後になって訂正されることもよくあることなので、そのうちひっそりと修正されることでしょう。台風のせいで、天気が不安定なんじゃないかと思うのでありますが、今年の夏は天気がぐずついたままどうなるのでありましょう。庭は目につく家庭菜園の所だけ草を刈りましたが、奥の方は放置しているのであり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 23:30
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(4)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(4) 書店で定価の本を買うことがなくなりまして、今はもっぱらAmazonで買い求めているのであります。昔よくやってしまった失敗は、大型書店で読みたい本をたくさん買って、余りの重さに肩が抜けそうになるなんてことでした。流行り物が読みたい、ということなら自分でお持ち帰りというのは普通であります。そういう気持ちが無くなると、実は本は安く買えるのであります。Amazonは一律送料が設定されていたりしますが、それでも本が1円となると、古書店で買うよりも安くなるというわけです。ちょっと前まで、本と言うのは新刊であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 17:02
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(3)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(3) 夏は麦茶でございます。ポットで作って冷蔵庫で冷やしまして、水の代わりにせっせと飲むわけで、これだけで熱中症から逃れられそうであります。夏になったと思う頃から麦茶を飲むわけで、飲まなくなったら夏の終わりなのであります。それと同様に、寒くなったなと思うと紅茶でありまして、オレンジペコを飲むわけでありますが、あれも冬が終わった頃になんとなく飲まなくなるのでありますけれども、どういうメカニズムが自分の中にあるのか、さっぱりわからないのであります。買い置きしていたオレンジペコを、食器棚の中に隠しておいたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 19:23
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(2)
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。(2) 現在、過去、未来、生きているとあれこれ考えるわけで、特に過去のことが気になって気になってと言う場合もありますし、もちろん将来のことが不透明でどうなるか分からんという漠然とした不安に駆られたりもするのであります。脳みそと言うのは、過去を記憶するのでありまして、時には正確に覚えていることもあるんですが、どうもそうではないこともあるようです。子供が人前でやらかした恥ずかしい行動を、夫婦の間でずっと話題にして、その出来事はいつでもありあり思い出せるなんてことがあったのでありますが、ある時その出来事の顛末... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/27 22:31
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。
Morning sun will dry tears. 生きて行けるかも。 出生率が上がらないので、このまま人口減が止まらないようでありまして、そのことがあれこれ問題になっているのであります。じゃあ、何で近代の日本が人口を増やせたのか、ということも分かっていないのでありましょう。人海戦術で世の中を回すというなら人口が多い方がいいわけですけれども、ハイテクなら少なくていいのじゃないかと思ったりするんですが、調べてもよく分からないようであります。今の人口はたしかロシアとメキシコの間でありまして、それがイギリスやフランス並みのあたりまで行く行くは落ちてゆくということなのであり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/26 23:33
I cannot say everything. 光と影。(9)
I cannot say everything. 光と影。(9) 聞くところによると、中学校の先生が大変なんだそうで、部活指導でヘロヘロだという話であります。知らないスポーツを指導させられる、というようなことで教科の準備もままならない、ブラック企業よりひどい状態とまで伝えられておりまして、野球部か何かの顧問になった新任教師が自殺したということで、ニュースにもなったようであります。じゃあ、何が問題か、という点は、おそらく世間がちゃんと取り上げるでしょうから、印象だけで思うことを行ってみたいと思うのであります。真相なんてなかなか分からないことでしょう。まず、中学の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/25 23:29
I cannot say everything. 光と影。(8)
I cannot say everything. 光と影。(8) 面白いなあと思います。こんなことかと思うのですが、いかがでしょうか。野党が与党を責め立てまして、最大のポイントは与党総裁がお友達のために便宜を図ったんじゃないか、という話でありました。小学校建設の件は、よくよく吟味したら建設する側がどうも根性がよくなかったわけで、せっかくの配慮が水の泡であります。大学設置の件は、事が岩盤規制なるものをめぐる攻防でありまして、野党は便宜供与があったとみなして追及していたのであります。ところがその野党の第一党党首が、二重国籍問題を追及されまして、そのうえ辞任する羽目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 22:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる