アクセスカウンタ

粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)

プロフィール

ブログ名
粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)
ブログ紹介
さわやかな高原の風を浴びながら、テラスでお茶をのみのみブログを書いてみようと始めましたが、あまりにも気持ちよくて、ちめちめと文章を書くのが面倒でした。ところが、ひょんなことから、平地も平地、海抜数メートルという低湿地帯のほとりに引っ越すことに。家を探したら、ありました。なんとまあ、広々とした庭付きです。住むための条件は、なんと一つ。草むしり。いそしみました。梅雨時から、炎天下の夏休み、そして、木の葉散る秋まで。連日につぐ連日の草むしり、竹箒の掃き掃除。かいあって、「キチョウメン」とのお言葉も頂戴いたしました。そうだ、ここを私の俳号にちなんで粗忽庵と名付けよう。そんなこんなで、タイトルはそのままに、「(周囲に比べればはるかに)高原のテラスで十二ヶ月(粗忽庵日記)」のさいかい、saikai、サイカイ、最下位?、斎戒?、いえいえ再会でございます。あっと、間違えた。再開です。すみません。なお、2016年の新年を機に、タイトルを変更いたしました。変更と言っても、主題と副題を入れ替えただけであります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
He faced the anger of the people. 炎上。(6)
He faced the anger of the people. 炎上。(6) 鉢植えで買ってきた花が枯れますと、そのまま捨ててしまうと言うことがあると思います。ある時ふと変だと気が付きまして、鉢から外して、適当に庭に植えることにしまして、その結果どういう事が起きたかというと、枯れた物が翌年になって花を咲かせることがあるのであります。キャンディタフトと表示されていた鉢植えも、適当に庭に植えてみたら、しっかり根付いたようで、今年も咲いたのであります。この花をネットで調べると、イベリスという別名も出てきますけれども、驚くのはキャンディという名前についての誤解でありまして、これを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 23:19
He faced the anger of the people. 炎上。(5)
He faced the anger of the people. 炎上。(5) もう紅葉のタムケヤマがふさふさでありまして、紫色の新緑がしっかりと庭の中で主張しております。近頃生け垣を見ると、春先に紫色もしくは朱色になるような樹木が人気でありまして、単に緑色よりも、そこに植えてあるという存在感が大切なのかも知れません。タムケヤマも芽が出て10日もしないうちにこんな風に出てきまして、春はたけなわと考えていいのかも知れません。近頃思い至った四季の区分は、春秋の彼岸と夏至・冬至を使うというやり方でありまして、春は春分の日から夏至まで、夏は夏至から秋分の日まで、そう考えると服装など... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 21:41
He faced the anger of the people. 炎上。(4)
He faced the anger of the people. 炎上。(4) 季節がどんどん進行しますが、ドウダンツツジは残念ながらほとんどからぶりでありました。白いドウダンツツジの花が咲くのを期待したのでありますが、花を付けたのは2割くらい、ほとんど咲きませんでした。去年は花が終わってすぐに剪定をして備えたのでありますが、まったく関係がなかったようであります。ただ、花は駄目でも、新緑はきれいですから、それで満足するしかないようであります。植物にもいろいろと都合があるようで、こちらの思い通りには成らないのであります。ツツジは、この冬はしっかりと冬眠していたようで、急に花を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 19:19
He faced the anger of the people. 炎上。(3)
He faced the anger of the people. 炎上。(3) ほんの数日の間に、ツツジのつぼみがふくらみ、そして一斉に開花しまして、あっという間に燃えるようなツツジの茂みであります。この段階で、サツキはまだなので、どうして同じような花なのに時間差があるのか不思議であります。不思議なことは世の中にいくらでもあるので、気にすることはなさそうであります。たとえば、サザンカとツバキというのも、違いがどこにあるのか分からないそうでありまして、ネットなんかで探してごらんになるといいと思います。識別方法があるということは、逆に言えば識別できないということでありまして、進... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 23:37
He faced the anger of the people. 炎上。(2)
He faced the anger of the people. 炎上。(2) 春先からムラサキツユクサが咲きまして、もうしっかりいくつもの花が開いておりまして、季節の推移を感じるわけです。生物の教科書ではおなじみの植物らしいのでありますが、さて昔習った時にそんな植物が話題になったろうかと不思議に思います。教科書の内容はどんどん変わるものでありまして、いつだったか中学校の教科書を見たら、妙な説明をしていて、さっぱり分からないのでびっくりしました。こっちの頭がおかしいのかと一瞬たじろぎましたが、そうではなくて何か勘違いをした筆者と出版社の下手な文章だったのかも知れません。教科... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 22:46
He faced the anger of the people. 炎上。
He faced the anger of the people. 炎上。 ツツジが咲きまして、まあ燃えるようであります。植物の花がどうしてこんなに目を引くのか、不思議ではありますが、当然のことながら長い人類の歴史の結果なのでありましょう。花から蜜が採れ、さらには植物の根から栄養豊富なものが手にはいるわけで、さらに夏から秋にかけては果実が期待できるわけであります。生きるための基本は、植物の発見でありまして、好ましい植物を見ているうちに、それを識別する鑑識眼が発達するような気がします。もちろん、毒草もありまして、うっかり食べると当たるわけですが、そういうものは鑑賞に留める... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 23:14
He is a game changer.空気を変える。(9)
He is a game changer.空気を変える。(9) どうもやっぱり四月の天気が荒っぽいのでありまして、これをよくよく考えてみたら、ということであります。昔は、真夏になる前、すなわち梅雨明けの頃に豪雨がありまして、結構災害になっておりました。そして、夏が終わる頃、秋の晴天になる前にどどっと降って大変という感じだったように思います。これはまあ台風だったりしたわけで、台風自体が九月くらいの物という認識だったのであります。それが四月に移ったと言うことなんですが、何十年か周期で変化するのかも知れません。記憶の中の四月というのは、ほかほかと温かく、そのまま五... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 22:32
He is a game changer.空気を変える。(8)
He is a game changer.空気を変える。(8) 世の中というのは、自分が見ている範囲で考えていては駄目なんでありまして、そこら辺が難しいのであります。日本で日本にかかわるニュースを見ていると変なわけで、分かったような分からないことになるのであります。きっとニュースを取材する人、それを原稿にする人、原稿を選ぶ人、最期に読む人、というような分担の中で、微妙に内容が変質しまして、ついにはよくわからないことになるのでありましょう。放送禁止用語というものもあって、いろんなタブーがあるんですが、それを追及したジャーナリストの本を昔読んだら、別に国家に放送... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 22:53
He is a game changer.空気を変える。(7)
He is a game changer.空気を変える。(7) いろいろと忙しいような、忙しくないような、妙な感じであります。庭の方はぐんぐんと春の息吹に溢れているのでありますが、その中で、どうやらオオキバナカタバミが終焉の時を迎えているような感じであります。花が終わりかけるとそれまで緑だった葉っぱが黄色くなりまして、最後は束にしてむしって捨てるのでありますが、次の年もちゃんと生えてくるのであります。調べてみると、この冬のオオキバナカタバミの開花は、我が家では12月8日でありまして、これは何かの記念日でした。そうするとすでに四ヶ月を超えましたので、120日以... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 20:58
He is a game changer.空気を変える。(6)
He is a game changer.空気を変える。(6)  どうもきな臭い感じでありまして、一色触発のようであります。ただ、我が国の近所の分断された国家は、ずっと戦争状態だったはずで、いまでも別に平和を享受しているわけではないのであります。そう言えば、南側の国に一年ほど暮らしたことがありまして、その時には月に一度、防衛訓練が実施されているということで、その日は出歩いちゃ駄目よと誰かに注意されたのでした。要するに、一種の非常事態宣言を出している状態だったようで、そこにのこのこ出歩くと捕まっちゃうと言うことだったのであります。路線バスに乗ると、乗り降りするス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/14 20:45
He is a game changer.空気を変える。(5)
He is a game changer.空気を変える。(5) ようやく春らしくなりました。地面を見ると雑草がもうずいぶん生えておりまして、自然はたくましく冬を乗り切ったようであります。本日は、庭の一角にカナヘビの姿を見まして、小さな生まれたてのようなカナヘビがちょろりと砂利の上を移動していたのであります。やっぱり三月から四月上旬が寒かったので、例年よりも登場が遅れたのでありましょう。カナヘビというのは、爬虫類でありますが、慣れると別に怖くないのでありまして、それは動きが少ないのと、人間のことをあまり警戒しないためにそう感じるのであります。私が高校生の頃に愛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 23:57
He is a game changer.空気を変える。(4)
He is a game changer.空気を変える。(4) 普通に考えてみて、これだけグローバルな時代なら、パソコンのソフトが外国の物で、受けているサービスも外国資本と言うのは、当たり前と言えば当たり前であります。日本の技術のガラパゴス化という話もあって、どうも日本の具合がよくないのかもしれません。ただ、ガラパゴス化なんて言葉を耳にはさんで、分かったつもりでいると、どういう文脈のどういう具体的な技術なのかは、私などには分かりませんので、きっと想像しているものと大きく違うのかもしれません。ただし、みんなの意見は正しいという話もありますから、的外れな考えでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 23:22
He is a game changer.空気を変える。(3)
He is a game changer.空気を変える。(3) 雨がばしゃばしゃ降るわけで、どうなっているのでありましょう。四月の天気が荒いのは10年くらい前からのことで、もはや嵐の季節なのであります。気候が変わったのは地球温暖化のせいなんだそうですが、それにしては夏は暑く冬は寒いわけで、話がちょっと違うような気がいたします。地球温暖化を信じているレベルの人と、アメリカの大統領選挙でヒラリーが勝つと思っていた層は、かなり重なるような気がします。トランプの支持者は、そもそも地球温暖化という話題を知らないかも知れません。ともかく、四月に雪が降ることもありましたし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 23:44
He is a game changer.空気を変える。(2)
He is a game changer.空気を変える。(2) タバコをどうするかということが大問題のようでありまして、もう公共の場では吸わせないと言うのが基本のようであります。喫煙率はぐんぐん下がり、もはや若い人が人前でタバコを吸っているのを見ないような気がします。タバコの大本は植物でありまして、葉煙草というのは広い葉っぱを持つものでありまして、それを採取して乾燥させて切り刻んで、それでもって火をつけて煙を吸うものであります。今は紙巻きタバコが主流でありますけれども、祖父の世代だとキセルで一服するのが普通で、子供の頃だと、一番印象的なのは豆腐屋さんでした。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 22:08
He is a game changer.空気を変える。
He is a game changer.空気を変える。 普通に生きていたら気が付かないのでありますが、ちょっとそれは不味いだろうと思うことが結構世の中にはびこっていたりするのであります。普通に生活していると、落とし物というのはたまにしてしまうものでありまして、例えば電車に忘れたりしたら、まあたいていは戻ってくるのであります。鉄道会社の方が見付ければ、どこかの駅に取りに行ったりするわけで、一般の方が届けると警察署にあったりします。ちゃんとしたところは、無事に出てくるんであります。しかし、耳にしたところでは、大型の小売店のような所では、何せ店員さんだって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 23:06
He will be put into prison.ブタ箱行き。(9)
He will be put into prison.ブタ箱行き。(9) 不穏なタイトルでありまして、さあ書くぞとパソコンに向かった時に、しばし躊躇するのであります。事の発端は例の小学校の建設用地の問題ですけれども、首相の関与よりも、よくまあゴミだらけの土地を押し付けたものだという所で幕は下りたようです。もともと沼地か何かで利用していなかった場所のようで、そこにゴミがたまりにたまっていたようであります。土壌改良してもうまく行くかどうかわからないということでありまして、世の中そういうことで動いて行くのであります。国の土地になっているという所で、何かあると思うべきだったの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 21:42
He will be put into prison.ブタ箱行き。(8)
He will be put into prison.ブタ箱行き。(8) プリズンと言うと「巣鴨プリズン」が記憶に残りまして、その場所は、今はサンシャインシティという商業ビルになっております。大きいので全体像はよくわからないのでありますが、開業して間もなく友人を連れて行ったことがありまして、巨大な象のような物でありますから、地下の一部、オフィスビルの一部、水族館の一部などを使った記憶があるだけであります。歩く歩道があったりするんでありますが、行く度にお店も替わるわけで、よくわからないというのが正直の話なのであります。いつだったか、お正月に行ったら、食事しているお店に獅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 16:52
He will be put into prison.ブタ箱行き。(7)
He will be put into prison.ブタ箱行き。(7) 本日の最高気温が20・7℃というのでありますから、暖かいのかと思ったら強風が吹き荒れまして、驚くの何の。おかげであれをしてこれをしてと考えていた予定が吹き飛びまして、まあいろいろ差し障りが出ているのであります。せっかく咲いた桜もうっかりすると散りまして、何とも儚い春の宴だったのでありますが、参りました。ラジオを聞いていたら、桜の下でブルーシートを敷いて花見をしているのが理解できないという話がありまして、私も同感であります。この時期に外に出て桜を見るのは構いませんが、地面に何かを敷いて座り込んで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 22:57
He will be put into prison.ブタ箱行き。(6)
He will be put into prison.ブタ箱行き。(6) 暖かくなりました。暖房なしで朝の準備ができそうでありますから、とても幸せだったりするのであります。こたつはもう少しそのままにしますが、後二週間もすれば片付けまして、掘りごたつは半年ほど閉じるわけです。半畳の畳を入れて蓋をすれば、晩秋まではそこにこたつがあったことすら忘れるのであります。喉元過ぎれば熱さを忘れるという言葉がありましたが、正しく暖かくなるとこたつなんか忘れるのであります。ただ、よくよく観察していると分かるんですが、こたつの好きな奴とこたつが嫌いな私がいるのでありまして、私はあまりこた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 22:26
He will be put into prison.ブタ箱行き。(5)
He will be put into prison.ブタ箱行き。(5) 桜が咲くと、花粉症の症状がぐっと軽くなります。今年は花粉症の症状に悩まされたのはたまにでありまして、杉花粉が減ったのか、年を取ってこちらが鈍くなったのか。それとも、対処法が上手になって症状がでなくなったのか。あれこれ考えますが、結論が出ることはなさそうであります。20年30年前に比べたらぐんと症状は楽になっております。一番いいのは窓を開けないこと、家中掃除機で掃除して花粉を貯めないことでありましょう。家族全員が花粉症だと一致団結して家を締め切ればいいんですが、一人でも症状の出ていない人がいると、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/04 22:39

続きを見る

トップへ

月別リンク

粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる