粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)

アクセスカウンタ

zoom RSS In fact, I already have a lover. 今まで黙っていた。(6)

<<   作成日時 : 2017/09/23 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ぼんやりと生きているせいなのか、世の中の騒ぎというのが何となく縁遠いもののようでありまして、それでも耳にまとわりつき目に飛び込んでくる情報がありますから、うすうすいろいろと考えて、ああなのかこうなのかと考えたりするわけであります。国防とか、軍事とかに興味津々の与党や総理大臣がいて、事を進めるわけです。それに対して、どうしてなのか野党はこれを嫌って、戦争反対と叫ぶ政党がいたりします。世界を見てみると、社会主義や共産主義の国が別に平和主義ではありませんから、日本の野党はガラパ画像ゴス化しているというのが分かってしまいます。うかうかしているうちに、周辺国の手に負えない状態になっている国家がありまして、もはや戦争は不可避のようなやりとりを繰り返しているのであります。戦後70年日本は平和であった、というのは嘘でありまして、どこにそんな状態があったのかと不思議に思ったりするのであります。憲法で平和が守られるというのは、近ごろのスローガンですが、話が本末転倒しているようであります。

ローズマリーにバッタ。

選挙の結果与党が圧倒的に多数になったので、首相への忖度で行政が歪められているといような話でありましたが、重大事を正面から話題にすると、平和主義の欺瞞が歴然としてしまうので、首相にちょっとでも関連のありそうなことを掘り返して責めてみたようです。一方、週刊誌などは野党の党首や、派手な論客の身辺を探ってみたら、これがまあ不倫やら何やら、決して褒められた状態じゃないという有様で、こうなると今まで黙っていた人たちも代議士の不正を次から次と告発しているようであります。もうてんやわんやなのであります。暴言を吐いたとか新幹線でいちゃついていたとか、さすがにここまで来てしまうと、信頼するには値しないということがよく分かったりするのであります。今に始まったことではなくて、大昔からそうだったわけで、いつの時代も変わらないのでありましょう。

   最強の飛び道具を保有するのが勝利の方程式のようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
In fact, I already have a lover. 今まで黙っていた。(6) 粗忽庵日記(高原のテラスで十二ヶ月)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる