Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。(8)

言いたいことを言う、思っていることを言う、自分の意見ははっきりと表明する、個性を尊重して自由に振る舞う、というようなことをよいこととして耳にする事がありまして、そういうあり方を理想として植え付けられてきたのでありますけれども、果たしてそれでよかったのか? ただし、そういう理想はテレビや新聞の中にあるだけで、生まれ育った地域では、そんなこ…
コメント:0

続きを読むread more

Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。(7)

風薫る五月であります。四月が思ったより寒くて、もっと灯油を買っておいてストーブを焚くのだったと後悔していたのでありまして、習慣に従って掘りごたつをしまい込み、床のカーペットを仕舞ったことも、併せて悔んでいたのであります。たぶん、日本は春と秋をすでに失って10年になりまして、ひたすら寒い冬と、じりじりと日差しの照り付ける夏、この二つが入れ…
コメント:0

続きを読むread more

Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。(6)

記憶というものは、どのように人間の体内に埋蔵されているのか、気になるものであります。そりゃ当然脳みそでありましょう。しかし本当に脳みそだけが記憶の在り処なのか、分らないような気がします。記憶の問題点は、どこに埋蔵されているかということではなくて、いつどんな時にどのように記憶が想起されるのか、ということでありましょう。ただ、人の記憶がどの…
コメント:0

続きを読むread more

Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。(5)

世の中には「登録商標」というものがあるそうで、たとえば「断捨離」というのはその一つで、最近YouTubeでやましたひでこさんの動画を見ようとすると、登録商標のマークが付いていたりします。よって、収益を得ようとする商品であるとかコンテンツが無断で「断捨離」を使おうとすると、問題が生じるということなのであります。その点、ミニマリズムとかミニ…
コメント:0

続きを読むread more

Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。(4)

桜がもう満開であります。用事があったので出かけましたが、目的地の道路は桜並木で、思いがけない花見になりました。目的地は言っちゃ悪いが何にもない所だと思っていたので、意外でありました。帰りに家のそばの桜並木も満開でありまして、もう今年は充分桜を楽しんだのであります。桜が散ると花粉症から解放されるので、もう少しの我慢が必要なのであります。我…
コメント:0

続きを読むread more

Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。(3)

最近何でもない会話をしていて気が付いたのでありますが、もう自分は想定していた自分の人生の年齢を超えてしまいまして、まったく想定外の地点に立っているのであります。何を言っているのか自分でもよく分かりませんけれども、しかし、人を見るとこの人は何歳くらいまで生きるだろうとかんじたりしまして、当たった場合も外れた場合もあるのであります。自分に関…
コメント:0

続きを読むread more

Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。(2)

暇に任せてYouTubeを見ておりますと、うっかりクリックした動画に関連するものがわんさか候補に出て参りまして、ああこんなにこの事に関して動画があるんだ、と分かったりします。断捨離、もしくはミニマリスト、などという動画はいくらでもありまして、昔よく見ていたものが消え去っていたり、きれいな映像、きれいな音声で上手に作られたものや、イラスト…
コメント:0

続きを読むread more

Happiness to cut off. 断捨離する幸せ。

昔お世話になった大学教授の言葉に、「本は増殖する」というものがありまして、要するに文系の研究者の住宅は本や資料が溢れかえってしまう、ということだったのであります。いつだったか、一度だけ新年会をやるから来いという誘いを受けまして、東京都内のちょっとした高台の住宅地にあるお宅にお邪魔いたしましたが、狭い玄関の入り口の3分の1が本で塞…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(9)

タイトルの種明かしでありますけれども、今年になって始まった大河ドラマがありまして、渋沢栄一翁の一代記であるかと思うのでありますが、その主人公の母上役で、女優の和久井映見さんがキャスティングされているのでありますが、きりりとした目力のある演技でありまして、才覚ある息子のいいところはお母さん譲りだよというような演出であります。名のある中年の…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(8)

今朝の夢の中に、先日失言して会長職を降りた元総理が出てきまして、通路の向こうからやって来て、すれ違う時にあちらが「やあ、やあ」と言いながら脇をすり抜けました。そのあと、夢の中でコピー機のある部屋でコピーをしようとしたのでありますが、誰かと鞄がもつれて目が覚めました。持ち物が絡んでもつれるという展開でなければ目も覚めず、元総理とすれちがっ…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(7)

花粉症のシーズンがやってきたようでありまして、先日までは「少ない」という表示が天気予報の片隅に出ておりましたが、本日は「やや多い」となっていて、たまたまつけたテレビでも花粉症の話題でありました。抜本的な解決策のないまま、個人的な努力で花粉症のシーズンをしのぐ、ということがずっと続いております。インフルエンザと同じ状況でありまして、同じ花…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(6)

ぼんやりと生きておりまして、まあ、これが齢を取るということなのかもしれないのであります。いろいろと注意しながら、老いて鈍くなった頭や、動きの遅くなった身体を、ようやくのところ働かせているのであります。短期記憶というものがあまり保持できなくなりまして、時々困ることがあるわけでありまして、痴呆症というか、認知症への階段を上っているのかと思う…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(5)

どうも世間では緊急事態宣言に伴って、みなさん外出を控えているようであります。もともと外にあまり出ない私にとっては、どうなっているかさっぱりわからないのであります。ところで、12月20日くらいにコロナの現状について考えまして、出た結論はPCR検査者数に対して、陽性の人というのがだいたい5%くらいである、とわかりました。そしてまた、陽性の人…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(4)

不思議なことではありますが、このブログにも外部からのアクセスが、一応毎日のようにあるようです。大昔のある日付経由でアクセスする人もいるようですから、その頃にこのブログが目が留まってお気に入りに入れたものだから、時々そこから開いて見るような具合なのかもしれません。5年くらい前までは、ちょこちょこコメントする人もいましたが、さすがにもう時代…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(3)

正月の初夢にちなんで夢の話を書いたのでありますが、その後さっぱり夢なんか見ないのであります。あるいは睡眠の途中で夢を見ているけれども、記憶に残らない夢だったのかもしれません。昼寝をしても、夜普通に寝ても、ふっと起きるのでありますが、念のためトイレに行ってみるとちゃんとおしっこが出まして、どうやら尿意を知らせるために脳みそが身体を起こすよ…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream. 夢で逢いましょう。(2)

昔見た夢で強烈だったのは三つほどありまして、それ以上にインパクトのある夢はその後は見たことがないのであります。だいたい近頃は、夢自体が薄いというか、おぼろというか、夢を見ながら興味を持たないということが多いのであります。起きてすぐに忘れてしまうのもほとんどでありまして、幸せなのか、それとも老化による不幸なのか、それもまた判然とはしないの…
コメント:0

続きを読むread more

Let's meet in a dream.夢で逢いましょう。

いつ見た夢を初夢というのか、詳しくは知らないのであります。元旦に寝て二日の早朝に見たのが初夢だと覚えておりますが、果たして本当なのか。子供のころから疑念が消えません。はっきり言うといかがわしい俗説だろうと思うのであります。ついでに、「一富士二鷹三茄子」というような言い方で、めでたい夢の内容を序列にするのでありますが、そんなものは夢に出て…
コメント:0

続きを読むread more

Magic to move the immovable.浮遊術の心得。(9)

さてさて、動かないものを動かすにはどうしたらいいかというようなことを考えているうちに、年が明けてしまいました。今朝はぐっと冷え込んで氷点下でありますが、日中は普段の冬の昼間の温度に達しまして、その気温差は15度ありますので、気温は低いのですが体はとても快適、正午前後に部屋のカーテンを開けて陽光を浴びながら寝てしまいました。暖房なしで…
コメント:0

続きを読むread more

Magic to move the immovable.浮遊術の心得。(8)

自治体のゴミの回収が週に4回ありまして、燃えるゴミが2回、燃えないゴミが1回、そして資源ごみの回収が1回、どれも早朝までに出すようにと決められているのであります。発泡スチロールやCDカセットなどが燃えるゴミに分別されていたり、プラスチックでできているおもちゃが燃えないゴミだったりと理解不能な時は、しかたがないので自治体発行のゴミのマニュ…
コメント:0

続きを読むread more

Magic to move the immovable.浮遊術の心得。(7)

大変だ大変だ、というから本当に大変なのかというと、そうでもなかったりするのであります。大変だと聞いて慌てて死んでしまう人もいたりするので、世の中というのは難しいものなのであります。流行病というか、疫病のようなものも、太古の昔から何年か置きに発生しておりまして、たとえば平安時代の女流歌人和泉式部の恋人なんかも、夜遊びが過ぎてなくなっており…
コメント:0

続きを読むread more