Is it named jellyfish ?  憂きことを 海月に語る 海鼠かな(8)

画像ローズマリーが花盛りになってきまして、もしかしてトスカナブルーという種類なのかも知れません。色々なサイトを覗いてみますと、ローズマリー・トスカナブルーの花の時期は、12月~2月、6月~8月などと記してあるものがありまして、それなら真冬に咲いていたのは珍しくなかったと言うことなのかも知れません。ただし枝が直立すると書いてあるものがあって、そうなると少々違うのかも知れません。庭のローズマリーはメインの幹が横に伸びまして、そこから枝が直立しておりまして、種類を特定するのは難しいものです。

ともかく蕾はふくらみ開花中です。

午後3時くらいに16度くらいまで気温が上昇しまして、午後8時でも12度くらいありますから、これは非常に暖かな宵を迎えたわけでありまして、ちょっと体も楽であります。ユキヤナギが緑の芽を付けまして、少しずつ膨らんでいるのが分かります。水仙とスノーフレークは激しい雨のせいで泥がはねたようでありまして、特にはねのひどかったスノーフレークのほうは、じょうろで水をかけて置きましたけれども、余計なお世話かも知れません。地面には小さな雑草の芽がぽつぽつと芽ばえておりまして、さあ今年も草むしりを再開する必要がありそうでありますが、雑草と思っている中に、案外見慣れないきれいな花が混じっていることが分かりましたので、そこの見極めが難しいのであります。どうせ真冬に枯れるのならば、ありとある雑草を一度思いっきり好き勝手に伸ばしてみたらどうなるのでありましょう。

   「うきことを くらげにかたる なまこかな」(召波)という句を考えて憂鬱であります。

喜怒哀楽を表す日本語というものは、基本的には安定感のあるものでありまして、千年変化していないものも結構あるのであります。「うれし」「にくし」「かなし」「たのし」などでありまして、意味の変遷もありますし、文脈によっては反対の意味になったりする場合があったりと、もちろん一筋縄では行かないわけですが、しかしそうした言葉の傍らに、いつの間にか消えてしまった「憂し」という言葉の不思議さはどう捉えればいいのでありましょう。「憂さ」とか「物憂い」とか「物憂げな」というように、特別な形では名残が残っているんでありますが、平安時代にあれほど使われていた基本語彙がいつの間にか消滅して、現代語ではないというのは、困ったものであります。小学館の『日本国語大辞典』(第二版)は、一応現代語の「憂い」という見出しで掲示しておりますが、用例はほとんど平安時代でありまして、江戸時代の用例はもはや擬古文そのものの中に出て来るものでありまして、近代文学では尾崎紅葉の用例を引いていますが、探せばあることはあるというレベルかも知れません。この辞典には「語誌」という単語の変遷をまとめた解説があるんですが、そこでは『万葉集』の用例が数例しかないと指摘しておりまして、山上憶良の和歌を引用しているのであります。

   世の中を 宇之(うし)と恥(やさ)しと 思へども 飛びたちかねつ 鳥にしあらねば(5巻893番)

この語誌は「憂し」の消滅についてもコメントしているんでありまして、類義語の「つらし」と次第に意味がだぶりまして、やがて併合されたのではないかと指摘しているのであります。併合したと言うからには、何か根拠があるの画像かもしれません。考えて見ると、二音節しかないク活用の形容詞というのは、「憂し」のほかに「濃し」「疾し(とし)」「なし」「よし」くらいしかありませんが、「憂し」と「疾し」は消滅したんじゃないでしょうか。日常会話などで使いにくかったのではないかなんて思いますが、憶測していてもしかたありませんから、これくらいで打ち止めといたします。ただ、余計なことを付け加えると、「憂し」というのは贅沢な言葉でありまして、上手く行かない事態を受け止めて、嘆いているようなところがあるのであります。高貴な男を通わせたのに待ちぼうけさせられたりした時には「憂し」の出番でありまして、ひょっとすると貴族社会の贅沢な(自慢げな)言葉であったかとも思うのであります。だとすれば、江戸時代の俳諧に使われた「うきこと」というのは、かなり高貴な身分の人の物思いを表現するのにふさわしそうでありまして、それも古典の教養を滲ませた言葉であります。それが、乾物となって高価に取引される「なまこ」の嘆きでありますから、句として成立するのかも知れません。写真は、パソコンのサンプルピクチャーの中にあったクラゲであります。

   浮いたことを なまこに語る くらげかな(粗忽) 飛びたちかねつ 鳥にしあらねば(山上憶良)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック