I'm surviving somehow.やっとこさ生きてます。(1)

所ジョージさんというと、私の頭の中では漫画家だったはずで、世田谷あたりに本拠地のある人のはずでありますが、軽妙な司会でテレビでよく見かける人であります。ダーツの旅というのもあったはずで、そこに登場する第一村人なんかの衝撃的な面白さが印象深いのであります。その所さんの番組に『大改造‼劇的ビフォーアフター』という、住宅改造をテーマにした物がありましたが、先日それを見て感慨深く思ったのであります。随分長いことやっている番組でありまして、たまたま食卓を囲んでいると見ることになるという程度ですから、私はファンというには遠い存在であります。いろんな訳ありの住宅が出てきまして、どう考えても理想の住宅から遠いというような、珍奇な、へんちくりんな、あり画像えない、摩訶不思議な住宅に住んでいる人が出てきまして、その不便な様子を前半で取り上げ、そこに「匠」と称する設計士さんが登場しまして、注文に従って住宅を再生してゆくのであります。今回は四国は高知県の、山奥も山奥、もはや廃村寸前の地域なのか、それとも取り上げた場所がたまたま村はずれの一軒家なのか、腰を据えて見ていたわけではないので、話はとぎれとぎれ、ふーんと思いながら見ていたのです。

まだ生きている妹カマキリ。塀よヘイヘイ。

例のカマキリは本日も生きておりまして、昨日のヘンルーダの茂みの上のブロック塀によじ登り、日中は塀の上で日向ぼっこをしておりました。これとは別に、もう少し体長の短いハラビロカマキリを家の外の路上に発見しまして、ニオイシュロランの葉っぱにつかまらせて、これもキンモクセイの生け垣の脇のブロック塀に移してやりました。カマキリにとっては迷惑だったかもしれないのでありますが、しかし路上にいたのでは車に轢かれる可能性が大きいので、ぜひとも感謝してほしいところであります。本日は、ドウダンツツジの茂みの中にカマキリの卵鞘を見つけまして、来画像年もカマキリと逢うことが出来そうなのであります。これで3匹目でありますが、本当はもっと生息しているのかもしれないのであります。カナヘビの姿はとうに見なくなりまして、アリなんかも見かけなくなりましたので、いよいよ冬は本番であります。

路上に出てしまったカマキリを塀に載せました。

さて、『ビフォーアフター』の話でありますが、この家の持ち主の女性が、たまに週末に帰る実家の改造を依頼したようであります。山道の先に現れたのは、山に囲まれた小さな家でありまして、石垣が崩れて家が潰れかけておりまして、水は家のずっと下にある湧水を汲むというような話でありまして、どうしてそんなところにこだわっているのかというのが、この番組の持ち味である丁寧な取材によって次第に明らかになったのであります。詳細を語るほどには番組を最初から最後まで見ていないのでありますが、どうも幼いころに親に捨てられてしまいまして、代わりに面倒を見てくれる人と兄弟三人肩寄せあって暮らした家だというのであります。ご本人の女性は67歳ということですから、団塊世代の人でありまして、戦後すぐのお生まれでありましょう。親がいなくなったときは7歳くらい、弟がいて、さらに赤ん坊の妹がいたという状況ですが、後から登場した妹さんは姉も兄もいて、ちっとも不幸を感じたことがないという話なのでありますけれども、お姉さんの方は重い責任を感じながら、他人の親切を受けて生きてきたというのであります。ここが、この家にこだわる勘所でありましょう。たぶん、その家で踏ん張らなければ生きて行けないという確信があって生きてきたわけで、幼いながらも状況を飲み込んでいたということでしょう。だから、この家を再生したい、いつでも戻れるようにしておきたいということのはずです。生きるということはそういうことでありまして、戦後生まれの団塊世代の中には、より良い暮らしを求めて故郷を棄て、故郷の家を荒れ果てるに任せ、そして都会で建てた家も朽ち果てた、もう何も残っていないという人たちも大勢いるだろうと推測されます。捨てた家を、捨てずに大切にしていたら、今頃は子孫のセカンドハウスだっただろうに、故郷もルーツも親戚縁者も、すべてなくしてしまって、残っているのは借金と都会のゴミ屋敷と化した自宅というのは、とても悲しい現実であります。というような余計なことを今回は考えさせてくれまして、依頼者の女性のこだわりが、実は非常に切実で切なくて妥当であるという気がするのであります。番組の目の付け所がいいから、きっと依頼する人が引きも切らないのかもしれません。

  高度経済成長期に、世間全体が知恵をめぐらしていたら、もっと豊かだったのに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック