The reverse is also true.逆もまた真なり。(8)

はっきり言って、ここのところの天気は真冬でありまして、春らしいところは何一つないのであります。悪いことかと言うとそうでもなくて、花粉を避けるために帽子をかぶり、マスクをかけ、コートを着込むことができまして、たいへん重宝しているのであります。妙に暖かいと春めいた軽装になるしかないわけで、それも面倒なのであります。断捨離の効果が次第に出てきまして、詰め込めるだけ詰め込んでいた押し入れが次第に空きまして、それに伴って生活のストレスが少しずつ減っているのであります。それでも、いろんなところに生活のアイテムがだぶついておりまして、さてこれらをいかに果敢に処分するかと言うところに差し掛かっております。しかしながら、自分の領分の物はあらかた断捨離しましたので、家族の領分に進出してどこまで捨てきれるかと言えば、それはもうとても無理なのであります。とは言え、その気になれば捨てることができそうで、画像捨ててしまえば気が付かないのではないかという気もするのであります。こうなるともはや狂気に近付くわけで、やはりぐっと踏みとどまって良識的なところで済ますのがいいことでしょう。

5年前の桜であります。今はもうない。

それでもおそるおそる、これってもう要らないんじゃないのなどと提言しまして、あれこれ抵抗されるんでありますが、話を聞くだけ聞くとしばらくして、やっぱり要らないみたい、などと許可を得ることができたりしまして、こうして断捨離はぐんぐん加速しているのであります。ところで、auのテレビCMを見ておりますと、斉藤由貴さんがお母さん役で、電車の中で息子に携帯かなんかを買ってくれとせがまれている図が出て来るのでありますが、丸いフレームの眼鏡をかけた斉藤由貴さんが、非常にかわいいお母さんでありまして、うっかりすると年上の彼女かというような塩梅であります。女優さんでありますから、いろんな雰囲気を出せるのでありまして、この場合はマザコン気味の息子を持つ気持ちの若い母親役なのでありましょう。たしか、実際男の子のお母さんだったはずであります。お嬢さんも二人いるはずなんです。この方の四枚目のアルバムが『風夢』というもので、その11曲目に『街角のスナップ』という軽快な音楽に乗せた、元カレとの再会を切り取った歌がありますが、これがまあ見事な断捨離の歌なのであります。80年代だとこの歌はシングルカットされる可能性はなかったはずですが、今CMに出ている斉藤由貴さんを思い浮かべても成立する歌なのであります。

   絶妙の鼻歌でありまして、聞いているとめちゃめちゃ楽しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック