The root of all evil is love. 煩悩。(4)

昨日、とある東京近郊の駅前の惨憺たる有様を書いたのでありますが、実は伝わらないのではないかと危惧するのであります。というよりも、自分自身がその駅前を徘徊するうちに漠然と考えたことをはっきり書いてみただけで、書いて見て初めてこりゃあ大変だと気が付いたのであります。人口が20万を超えておりまして、これを地方の県に持って行ったら、県庁所在地並みの人口でありますから、けっして小さくはないのであります。私鉄が通っていて、市内に駅が四つか五つはありますが、おそらくそこが最も中心地でありまして、グーグル地図で見ると繁華街の色が施されておりま画像す。小さなモールがあり、スーパーもあるんですが、街並みが整わないのであります。びっくりしたのは、駅前ロータリーがあってバス便があるけれども、バスの姿もバス停に待つ人もいないという点でありましょうか。タクシーが客待ちをしていますが、見た所動く気配がない。変だとすぐ気づきます。

紫蘇の葉

ケーキ屋というか洋菓子屋が営む喫茶室がないのでありまして、次に花屋が見当たらないのであります。本屋はあるが小さすぎて、まるで昭和50年くらいの鄙びた地方の町の駅前レベルの本屋であります。雑誌と文庫本しかないような店構えであります。駅前の一角に潰れてシャッターの降りた居酒屋の跡がありまして、これが非常に痛々しい。それから、宴会のできるシティホテルがないということが分かりまして、おそらく昼間人口は極度に少ないかもしれないと予想されるのであります。駅前に保険会社の看板がなく、支店がなさそうなのであります。靴屋も帽子屋も見当たらないのでありまして、呉服店もなければテーラーもないのであります。居酒屋チェーンはありますが、イタリアンやフレンチのレストランは影も形もなさそうでありまして、あるのは焼き肉店と牛丼屋止まりであります。個人商店が見付からないわけで、ちょっと時間を潰すために入る店がまったく見当たらないのであります。比較するのは申し訳ないが、横浜の元町商店街のような粒よりの店で構成された艶がどこにもない。

   つまりこの駅前には老舗の若旦那はまったくいないことでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック