Waste not, want not.もったいない。(5)

年末であります。一年の間に何度ブログを更新したのか、確かめるまでもなく少ないのでありまして、月に一回がせいぜいという状態でありますが、それを気にするかというと、そんなことはありません。ブログが盛んだったのは2005年くらいのことでありまして、もうとうにブログの盛んな時期は過ぎ去ったのであります。インターネットの世界は2年くらいで状況がガラリと変わるわけで、個人がブログを書いていたのは、もう15年以上前のことであります。度々の変遷があって、おそらく純粋なブログなんて絶滅したことでありましょう。

  継続して読んだブログも、だんだん更新が間遠だし

大相撲の九州場所が終わって、しばらく考えていたのでありますが、どうして怪我人が多く、取り組み中に鼻血やら血を流す力士が多いのか、不思議であります。見ていると両手を仕切り線に付けたか付けないかで、勢いよく突進するわけで、はっきり言うと頭突きを狙っているわけです。それから、肘で相手の頭部を狙ったりしているわけで、危なくてしょうがない。昔はちゃんとしていたのかと、大鵬と柏戸の対戦を見たら、驚愕したのは二人ともカンガルーみたいになっていて、手は地面につくどころか、宙をさまよっているのであります。白鵬と朝青龍の取り組みを見たら、これはけっこうちゃんとしていて、仕切り線に手を突き、しっかりまわしを取り合っているのであります。何事も確かめてみないと分らないものであります。あてずっぽうで昔はよかったなどとというと間違えるのであります。

  近ごろの相撲が荒れているというだけなのかも

YouTubeを見ると、コメント欄に昔の歌手は上手だったと必ず書き込まれていて、しらけますが、90年代の歌にだってそういうことを書き込む人がいるのであります。誰かが有名な歌をカバーすると、必ずオリジナルの歌手の方がいいという人がいて、カバーした人をけなすのでありますが、歌っているのが下手な素人ではなくて、ちゃんとした歌手が上手に歌っていても悪口を書くのであります。コメントというものは、不要でありましょう。

  コメントをわざわざしないという人が、圧倒的に多いのであります

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント