テーマ:昆虫

The Panama Papers are classified documents.赤っ恥。(9)

次から次に問題が噴き出るようで、さて着地点はどのへんなのか、興味津々であります。もちろん芸能人の不倫の問題もそうですが、自動車に関する不正もまた同様でありますけれども、さらには知事による公私混同問題もあるわけです。長く生きていると思うのは、人の性格というのはなかなか変えられないものでありまして、組織もまったく同様でありますから、一度だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Panama Papers are classified documents.赤っ恥。(7)

なんだかすごく寒い気がして、夜明けに眠れない感じでありました。ばしゃばしゃ雨が降っているわけで、まあ、天気が荒いという感じがいたします。子供時代のことを考えてみると、何だかほんわかと暖かくて、五月はとても良い気候だったような気がしまして、それが実際そうだったのか、それとも子どもだから荒天の記憶が抜けているのか、そこは判然とはいたしません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Panama Papers are classified documents.赤っ恥。(3)

いやあ、別に謝る気なんかないよ。さらさらない。嫉妬だろ。天下を取ったんだから、何をしようと構わないんで、文句を垂れるほうが悪い。質の悪い週刊誌の言うことを真に受けている方が悪い。そりゃあ、あんた、金欠の自治体なら首長は節約に励むべきですよ。でもね、世界有数の大都市ですよ、経済大国の首都なんですよ、そこの首長が節約してどうするんですか。ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It's personal impressions.個人的な感想です。(6)

甲子園の高校野球は東海大相模の優勝に終わりまして、これでいよいよ夏も終わりと言う感じであります。本日は非常に涼しかったのでありますが、実はこれくらいが普通の夏の暑さなのであります。試合の方は、先行された仙台育英ががんばって同点にしまして、どうなるかと思ったんですが、東海大相模のエースが9回表に自らのバットで勝ち越しのホームランを放ちまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It's personal impressions.個人的な感想です。(5)

デザイナーの旗色が悪いようであります。ベルギーのシアターが何でまたいちゃもんをつけるんだろうと不思議に思っていましたが、どうやらデザイン盗用が日常茶飯だったような話が出てきまして、さらにはどこで盗用していたのかと言うようなサイトの情報までが明確に出てきまして、じわじわとアイデア盗用の秘密が暴かれているわけで、こうなると遠くから似てるんじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It's personal impressions.個人的な感想です。(2)

高校野球が甲子園で開催されておりますが、聞くところによれば100年目の節目だそうでありまして、今ふと思ったのは、その半分はほぼ見てきたのであります。テレビが我が家にやってきたのが50年くらい前でありますから、そこから見ていたことになるのであります。今年は、ベストエイトに勝ち残ったチームが偏在しておりまして、東北地方から2校、東京から2校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

It's personal impressions.個人的な感想です。(1)

夕立は馬の背を分けるなどと申しまして、降るには降るんですが、非常に狭い地域に雨をもたらすものでありまして、びしょ濡れになってしばらく行ってみたら、地面が乾いていて雨の形跡がないなんてことが生じるわけであります。近ごろは局地的な豪雨などと言うようですが、昔の知恵が廃れて、昔もよくあったこと、当たり前のことが分からなくなっていることがあるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

What an extreme summer heat wave. 猛暑万歳!(9)

熱中症という言葉にかすかに違和感があるなあと思っておりましたら、Wikipedia日本版を見て、かつては熱射病と言っていたということがわかりまして、少し心がのどまりました。熱射病と日射病と言うのが古い言葉でありまして、両者を統合するものが熱中症らしいのであります。気温が27度を超えたあたりから危険になりまして、31度になったらぐんと増え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

They made it to the final. ひのき舞台に立った。(9)

やれやれ、記録的な暑さのようでありまして、死なないようにするのが精一杯であります。昨夜は京浜東北線で架線の切断があったそうで、通勤客が非常に困ったそうであります。朝の電車の車掌のアナウンスでも、お詫びの言葉を盛んに発しまして、平謝りのようでした。聞くところでは、どうやら電車が詰まって横浜駅を出たところで停車したんですが、そこがどうも停車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

They made it to the final. ひのき舞台に立った。(6)

連日の猛暑が話題でありますが、どうも異変が生じているようであります。もちろん我が家の庭の話でありまして、一般化できるかどうかよくわかりません。一つは蝉でありまして、脱皮に失敗したのをまた見まして、それが猛暑のせいなのか、セミの生態に異変が起きているのか、どうもよく分かりません。去年まではそんなことはなかったので、今年になってどうしてそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

They made it to the final. ひのき舞台に立った。(1)

夏の甲子園を目指す高校野球の埼玉県予選で、ベストフォーに県立校が二校のこりまして、まあたぶんちょっとした話題であります。さらに準決勝で、大本命の私立浦和学院を、県立校の白岡高校が破って決勝へ進出しまして、さあどうなる、甲子園に届くのかと目を見張りました。決勝は私立の花咲徳栄が5対2で白岡下しましたが、NHKのニュースでは1回表と9回表の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fool may give a wise man counsel.負うた子に教えられ。(7)

昨日は草むしりに精を出して、汗をしとどにかいたせいなんでしょうか、しっかりと熟睡しまして、久しぶりによく寝たという感じであります。どうやら、冷房のある部屋から出て、少しは汗を流したほうがいいのかもしれないという気がいたします。汗をかいた後で、しっかり冷水で体を冷やしまして、麦茶をここぞとばかりに大量に飲んでおりますから、熱中症にはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fool may give a wise man counsel.負うた子に教えられ。(6)

草むしりを始めましたら、面白くなって止められなくなってしましました。昨日、玄関先の人目に付くところを、草をむしり、竹箒を使い、小一時間できる限りのことをやってみましたら、朝になって見てみると、見違えるような雰囲気なのであります。何かこう、すがすがしいものが満ち溢れまして、お茶やお花の師匠の家の玄関先のようになりまして、住んでいる人の人格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fool may give a wise man counsel.負うた子に教えられ。(5)

昨日強風が吹き荒れましたので、セミの抜け殻はどこかに行ってしまいました。ぜんそくの薬になるなんて話が有りましたが、数年前にはセミの抜け殻をせっせと集めてすごい数をストックしましたが、集めたからと言ってどうすることが出来るわけでもなく、二年くらいしてから捨てました。子供のころに虫取りをしたというような人は多いのでありましょうが、田舎の少年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fool may give a wise man counsel.負うた子に教えられ。(4)

なぜこんなところに、こんなものが置いてある、というような状況はしばしば見るものであります。先日も裏道のT字路を左折しようとしましたら、歩道を守るように車止めが、むんずと2本突き出ているんですが、これが尋常の大きさではないのであります。直径が30センチくらい、高さが120センチはあろうかと言う円筒形の車止めでありまして、てっぺんのところは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fool may give a wise man counsel.負うた子に教えられ。(3)

不思議な事件がありまして、電気の防護柵から漏電して、西伊豆で亡くなる人が出たようであります。詳しいことはこれから明らかになるんでしょうけれども、その防護柵は何を守っていたのか、そこが非常に分からないのであります。どうも、川岸のアジサイのような報道ですが、西伊豆の鄙びたところで、川を渡すコンクリート製の端のたもとにあるアジサイを、何故通電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A fool may give a wise man counsel.負うた子に教えられ。(2)

今朝のことですが、我が家の塀の外側に、脱皮し損ねた蝉の亡骸がのこされておりまして、ぎょっとしました。無事に抜け出せば、残るのは蝉の抜け殻なんですが、抜けられずにそのままそこで頓死したようであります。そう言えば、去年はナミアゲハが玄関先で脱皮に失敗して転がっておりましたが、もしかして昆虫の世界によくない状況が発生しているのかもしれないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I went around the location of the memory.俺たちの旅。(8)

公共の為に建物を建てる、あるいは道路を作るというのはよくあることで、昔なら城郭を作る、お濠を掘るなんてことだったはずであります。人を奴隷にして働かせるというのは安上がりなようでいて、労働効率はぐんと落ちるはずで、それよりは世間よりも給金を弾みまして、遠路はるばる来る者には足代を払い、飯場を設けてもてなすほうがいいのでありましょう。そうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I went around the location of the memory.俺たちの旅。(7)

たぶん、こんなタイトルを付けた後で、だらだらと週末のテレビを見ていたら、昔の青春スターが出てきまして、好都合とういうか、いろいろと面白く見たのであります。横浜の保土ヶ谷あたりから、馬車道、そして東京の浅草、最期に下北沢を目指した番組ですが、中村雅俊さんは浅草には縁がないなんてことを言ってました。たぶん、1970年前後に東京に出て来た人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I went around the location of the memory.俺たちの旅。(6)

タイトルは「俺たちの旅」としましたが、気まぐれで決めた物であります。先日テレビを見ていたら、中村雅俊さんがモト・冬樹さんと連れ立って、いろんな場所を訪問して、それぞれの土地の締めくくりに歌を一曲披露するという番組がありました。このタイトルを付けたのがその番組の前なのか、番組の後なのか、ほんの数日前のことなのに記憶が定かではないのでありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I went around the location of the memory.俺たちの旅。(5)

テレビの時代と言うのがありまして、その前は映画の時代があったのであります。生放送がテレビの基本だったそうで、ドラマなんかはぶっつけ本番、ビデオテープが出来て編集するようになったのはずっと後のようであります。よって、私などが子供のころになじんだドラマはほとんどテレビ局にも映像が残っていないそうなのであります。手軽なビデオ録画が普及するのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I went around the location of the memory.俺たちの旅。(3)

うかうかしている間に、日本人の平均年齢を自分もはるかに超えてしまっていたようでありまして、もはや老人の仲間なのであります。2025年にはこうなるああなるとか、2040年にはここまで来る、というような議論が出ておりまして、よくよくみたら、そこで問題になっている高齢者と言うのは自分と自分の世代でありまして、やれやれ困った困ったと思うのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I'd like to be a devoted husband next.今度は愛妻家。(2)

変なタイトルを付けちゃったなあと思うのであります。「今度は」というのは、普通に翻訳すると、”this time”でありましょうけれども、どうなのかと思って、「次は愛妻家」のつもりで改変しましたが、やはり映画の内容からすると、直訳して”this time”の方がよかったようであります。まあそれはそれ、これはこれでありまして、誤訳だろうが何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I'll explain kindly.丁寧にご説明します。(5)

妙な事を思い付いても、それを人に言うかどうか、あるいはどこかに書いて披露するかどうかというのは、よくよく考慮しないといけないことでありましょう。近ごろコマーシャルを見ていると、健康食品・栄養食品に関するものは、「個人の感想です」とテロップを入れますが、コマーシャルを作るにあたって起用した芸能人や有名人でありますから、当然ギャラを払ってセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Devil's Dictionary.正直な事典。(9)

いろんな無駄というのがありまして、技術革新によって進歩する代わりに、古い技術は捨てられてしまったりするのであります。ワードプロセッサーと言うのは、結構いいところまで行っていたわけで、ワープロでパソコン通信ができるというところにたどり着きそうになっていたんですが、1995年のWindows95によって、すべては過去のものとなって、ほぼ消滅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Devil's Dictionary.正直な事典。(8)

祖父の弟にあたる人が2000年くらいまで東京都内で生きておりまして、たぶん100歳近い年齢だったのであります。その昔大学受験をするときにお世話になったものでありまして、大工の棟梁だったので一時期田舎から弟子をたくさん取って住まわせていたために、部屋はいくらでもある様子だったのです。お蔭様で、格安の宿代で、口に合う奥さんの料理をいただきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Devil's Dictionary.正直な事典。(7)

本日は天気がすぐれませんでしたが、何でも寒気が日本列島に覆いかぶさったそうでありまして、気温が20度ちょっとしか上がらなかったのであります。日中の最高気温を見たら、午前8時の20・6度とありますので、いやはや寒い寒い、半袖と短パンではしのげない感じでありました。せっかく気温が低いので、これはもう庭の雑草などをやっつけるのに最適であります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Multirole missile drone system.世も果て。(7)

日々生活していて感じるのは、排出するゴミの多さでありまして、じゃあ何がゴミとなっているのかと考えてみると、これがまあ実体のないものなのであります。便利な暮らしをしていて、不要になったものはゴミでありますけれども、どこまで本当に捨てなければならないのか、不思議であります。「燃えないゴミ」という指定がありまして、これを区別するのが非常に難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Multirole missile drone system.世も果て。(5)

世の中には建前とか本音とか、いろいろありまして、たとえばギャンブルは原則公営ギャンブルしか認められていないはずですが、パチンコというのはしょうがないから黙認しているのでありましょう。今はどうか知りませんが、昔はパチンコ屋で出玉があると、その近くの妙な窓口に行って換金するシステムでありました。もちろんそういうのが嫌だとなれば、店内でお菓子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

We are putting our life at risk.危険と隣り合わせ。(4)

ねえ、ねえ、これこれ、これよ。うるさいのであります。家族が私を呼ぶ時には、だいたい用もないことに巻き込みまして、何か言わせようと企んでいたりするわけでありまして、普段は似ても焼いても食えない存在として、みんなで遠ざけているわけですから、とにかく災難が降りかかるのだけは避けたいのであります。見てみましたら、先日のテロを一面で伝えている讀賣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more